ハングルで日本語を書くために

日本語→韓国語の変換

このページでは日本語の五十音に対応するハングル文字が分かるように一覧表にまとめました。
日本語は韓国から見れば外国語です。
日本語では外国語はカタカナで書きますが、韓国語ではそのままハングルで書きます。例えば韓国旅行などでは名前や住所などをハングルで書く場合もあります。
それに必要なひらがなと対応するハングルの一覧表をまとめました。韓国語の初心者で勉強中の方は発音の確認に役立ててください。

ひらがなに対応するハングル

ひらがなに対応するハングルの一覧表です。
行ごとに詳しい解説をしてあります。あわせて読んでください。

あ行(母音)は子音部分にㅇを書きます。

語頭

語中

か行は子音のㄱを使います。
か行の場合には有声音化に注意が必要です。
語頭(はじめの音)の場合はそのままか行で発音しますが、語中(はじめの音以外)では
有声音(濁音)になります。
たとえば가가と書くと「かが」と読むことになります。
語中でか行を書く場合は激音のㅋの子音を使います。
激音は有声音化をしないので語中でもか行のままです。

さ行は子音のㅅを使います。
さ行は語中にあっても有声音化しません。
韓国語には「ざ、ず、ぜ、ぞ」の音がありません。(このページのまとめ参照)
ざ行を書きたい場合は他の子音(ㅈ)を替わりに使います。

語頭

語中

た行は子音のㄷを使います。
か行と同じく有声音化に注意です。語中では子音のㅌを使います。
また、た行はち、つの場合には子音が変わります。
子音のㄷは「た、て、と」の音しか表現できません。
ち、つを書く場合はㅈ(語中ではㅊ)を使います。
韓国語には「つ」の音がないので주(語中では추)だと「ちゅ」の発音になりますがこれを代用します。
促音(小さいつ)はパッチムのㅅを使います。
(このページのまとめ参照)

な行は子音のㄴを使います。

は行は子音のㅎを使います。

ま行は子音のㅁを使います。

や行は子音はㅇを使います。
韓国語ではや行も母音とされるので母音発音を表すㅇを使います。
母音はや行系の重母音のㅑ、ㅠ、ㅛを使います。

ら行は子音のㄹを使います。

「わ」を書く場合は子音はㅇ、母音はわ行系重母音のㅘを使います。
ㅘはㅗとㅏを横に並べたものです。
「ん」はパッチムのㄴを書きます。
「ん」はパッチムでないと書けないので一文字では書けないことになります。

 

濁音に対応するハングル一覧表

濁音に対応するハングルの一覧表です。
ハングルには濁点がないのでややこしくなります。
韓国語の子音の平音って言語学的には濁音の発音に近いらしいんです。
なのでそのまま子音の平音を使っても濁音として通じます。
語頭でも語中でも濁音になります。(ややこしいですね)
実際の使用例などはこのページのまとめで解説します。

が行は子音のㄱを使います。

ざ行は子音のㅈを使います。
ざ行は韓国語にはない音なので「じゃ行」を代用します。

だ行は子音のㄷを使います。
た行の場合と同じく「ぢ、づ」の場合はㅈを代用します。

ば行は子音のㅂを使います。
ぱ行と区別するため、語頭にば行が来る場合は子音のㅃ(濃音)を使う場合があります。

語頭

語中

ぱ行は子音のㅂを使います。語中では激音のㅍを使います。

小さい「や」がつく音一覧表

小さいやがつく音をまとめた一覧表です。

きゃ

きゅ

きょ

しゃ

しゅ

しょ

ちゃ

ちゅ

ちょ

ひゃ

ひゅ

ひょ

びゃ

びゅ

びょ

ぴゃ

ぴゅ

ぴょ

みゃ

みゅ

みょ

りゃ

りゅ

りょ

 

あなたの名前ハングルで書けます

あなたの名前をハングル表記してみましょう。
日本人で多いとされている名前をいくつか例にとってハングル表記します。こちらを参考としてチャレンジしてください。
(このコーナーでは敬称略させていただきます)下の解説とともにご覧ください。

  • 佐藤→사토
  • 鈴木→수주키
  • 田中→다나카
  • 高橋→다카하시
  • 渡辺→와타나베

佐藤の場合は「さとう」ではなく「さと」のように書きます。なので2文字です。
英語の場合も「SATOU」ではなく「SATO」ですよね。
また、一郎の場合も「ICHIROU」ではなく「ICHIRO」になります。(イチローとカタカナ表記すると違和感はありませんが)
このように伸ばす音を文字として表現するのは日本語独特の特徴なんですね。なので遠藤(ENDO)は엔도、加藤(KATO)は가토となります。
鈴木の場合は「ず」の音が韓国語にはないので「じゅ」を代用します。なので「すじゅき」のように発音します。
それ以外の注意点としては特に有声音化の発音規則に注意してください。
2番目以降の文字に清音(濁らない音)がある場合は激音を使う、2番目以降に濁音がある場合は平音を使う。
上の例の田中、高橋、渡辺のハングル表記をよく見て平音、激音の使い方をマスターしてください。

このページのまとめ

ひらがなとそれぞれに対応するハングルの一覧表を作りました。
韓国語にはない音も含まれるので近い音を当てはめている部分もあります。
そのためこのほかの本やサイトと若干違う箇所もあります。
(個人の見解によるものなのでどれも間違いではないです)
韓国語にはない音

  • じ以外のざ行
  • 語頭の濁音

例えば東京都葛飾区を韓国語で発音すると「도쿄토 가추시카쿠(とうきょうと かちゅしかく)」
のような発音になります。(「つ」の音を「ちゅ」で代用しています)
また、韓国ではピザを「피자(ピジャ)」と呼んでいます。
ざ・ず・ぜ・ぞは韓国語にはない音なのでこれらの音はじゃ・じゅ・じぇ・じょで代用します。
外来語を訳する難しさは日本も韓国も一緒ですね。
関連するページ