あいさつの例文

あいさつ

韓国語のあいさつの例文を紹介します。

  1. 안녕하십니까?(アンニョンハシムニカ?)
  2. 안녕하세요?(アンニョンハセヨ?)
  3. 반갑습니다(パンガプスムニダ)
  4. 여보세요(ヨボセヨ)
  5. 안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)
  6. 안녕히 가세요(アンニョンヒガセヨ)

以上の6つが使えるようになればあいさつに困ることはないでしょう。
もちろんいきなり全て覚える必要はありません。
韓国語の初心者の方ならまず1,2,5,6から勉強していきましょう。
以下よりそれぞれの例文ごとに詳しく解説していきます。

おはよう、今日は、今晩はは共通のあいさつ

안녕하십니까?(アンニョンハシムニカ?)

1番の안녕하십니까?(アンニョンハシムニカ?)はおはよう、今日は、今晩はに共通して使います。
単語レベルまで分解して意味を解説すると
前半の안녕(アンニョン)は漢字で「安寧」と書き、それをハングル発音したものです。
この安寧は「穏やかで平和である」という意味です。
하(ハ)は「~する」と言う意味です。
この하(ハ)に丁寧な敬語の疑問系である십니까?(シムニカ?)がついています。
こういう文章を합니다(ハムニダ)体と言います。疑問系の場合は最後が까(カ)になります。
韓国語でもっとも丁寧な表現です。初対面や目上の方にはこちらを使いましょう。
直訳すると「穏やかにされていますか?」と言う意味で疑問系です。
ハングル表記をする場合は最後に?(クエスチョンマーク)を付けます。
言い方としては、疑問形なので語尾を上げて発音しましょう。
パッチムを含めると「アン・ニョン・ハ・シム・ニ・カ?」の6文字6音節です。
発音に慣れてきたら意識しましょう。

안녕하세요?(アンニョンハセヨ?)

2番の안녕하세요?(アンニョンハセヨ?)もおはよう、今日は、今晩はに共通して使います。
前半の안녕하(アンニョンハ)までは上記の안녕하십니까?(アンニョンハシムニカ?)と同じです。
後半の세요(セヨ)は丁寧な表現となりますが、こちらは해요(ヘヨ)体と言うものです。
해요(ヘヨ)体は합니다(ハムニダ)体と比べて丁寧さが劣ります。
親しげなニュアンスもあるので初対面や目上の方に対しては失礼になります。
こちらも疑問系なので語尾を上げて発音します。
発音は「アン・ニョン・ハ・セ・ヨ?」の5文字で5音節です。

親しい友達なら안녕(アンニョン)

親しい友達同士なら안녕(アンニョン)に省略して良いです。
かなり親し気なフレーズなので相手に気を付けて使いましょう。

반갑습니다(パンガプスムニダ)はお会いできて嬉しいです

반갑습니다(パンガプスムニダ)は「お会いできて嬉しいです」を意味します。
初対面や久しぶりに会う人に対して使うフレーズです。
韓国語では良く使われます。
直訳すると「嬉しいです」になります。
発音は「パン・ガプ・スム・ニ・ダ」5文字5音節です。
本来は만나서 반갑습니다(マンナソ パンガプスムニダ)が「お会いできて嬉しいです」ですが、
前半の만나서(マンナソ)を省略した形になります。
丁寧なあいさつをしたい方は省略せずに만나서 반갑습니다(マンナソ パンガプスムニダ)を使いましょう。
この場合は「マンナソ」が文章の区切りなのでここで一区切りするのが流暢に聞こえる発音のコツです。

여보세요(ヨボセヨ)はもしもし

여보세요(ヨボセヨ)は「もしもし」として使います。
直訳すると「こちらを見てください」と言う意味です。
電話を掛けたり受けたりする際に使われるので「もしもし」と訳されます。
여보세요(ヨボセヨ)はパッチムがないのでそのまま4音節で発音します。
昔は知らない人に声を掛けて呼び止めるときにもこの여보세요(ヨボセヨ)を使っていたそうですが
最近ではこの使い方はせず、電話でのあいさつ以外にはほとんど使いません。
見知らぬ人に声を掛ける場合は저기요(チョギヨ)を使います。
この저기요(チョギヨ)は「あの~」といったニュアンスなので声を掛ける際に最適です。
韓国旅行で見知らぬ人に道を聞く場合などはこの저기요(チョギヨ)を使いましょう。

韓国語のさようならは2つあります

韓国語ではさようならは2つあります。
안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)と
안녕히 가세요(アンニョンヒガセヨ)の2つです。
それぞれその場に残る人、その場を去る人によって言うことが違います。

안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)はその場を去る人が言う

안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)はその場を去る人が、残る人に対して言います。
直訳すると「お元気でいらしてください」です。
前半の안녕(アンニョン)はアンニョンハシムニカと同じ안녕(安寧)です。
後半の계세요(ゲセヨ)は「いらしてください」や「お過ごしください」という意味です。
発音は「アン・ニョン・ヒ・ゲ・セ・ヨ」の6文字6音節です。

안녕히 가세요(アンニョンヒガセヨ)はその場に残る人が言う

안녕히 가세요(アンニョンヒガセヨ)はその場に残る人が、去っていく人に対して言います。
直訳すると「お気をつけてお行きください」です。
안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)と
안녕히 가세요(アンニョンヒガセヨ)の2つの違いは계(ゲ)が가(ガ)に変わっただけです。

この가(ガ)は「行く」という意味です。間違えやすいので気をつけましょう。

発音に慣れたら히「ヒ」は省略しても良い

안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)と안녕히 가세요(アンニョンヒガセヨ)の2つとも
発音に慣れてきたら히「ヒ」の音は省略しても良いです。
(韓国語には「ㅎの無音化」というものがあります。)
実際に韓国の方の発音を聞くと「アンニョンゲセヨ」や「アンニョンガセヨ」と聞こえます。
ただしこれは発音に関してのみです。
字で書く場合は省略してはいけません。

このページのまとめ

今回は韓国語のあいさつとして6つの例文の意味や読み方を勉強しました。

  1. 안녕하십니까?(アンニョンハシムニカ?)
  2. 안녕하세요?(アンニョンハセヨ?)
  3. 반갑습니다(パンガプスムニダ)
  4. 여보세요(ヨボセヨ)
  5. 안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)
  6. 안녕히 가세요(アンニョンヒガセヨ)

このあいさつの文章の中にはハムニダ体やヘヨ体、尊敬語などの表現が入っています。
単語ごとの意味が理解できればレベルアップにつながります。
今後の勉強に役立ててください。