韓国人と会話できる。まずはあいさつから

「人生で一番大切なのはあいさつ」という格言があったり、小学校であいさつに関する標語があったりなど、人と人とのコミュニケーションにはあいさつが欠かせません。
これは言葉が違っても同じです。
このページでは韓国語のあいさつである「アンニョンハセヨ」の意味・発音・使い方について詳しく解説します。
ハングル表記と単語レベルまで分解した意味を解説するので正しい意味やニュアンスが分かります。日本人にもできる発音のコツ、場面に応じた使い方などが分かります。
韓国人と会話したい、コミュニケーションを取りたい方はぜひあいさつからマスターしてください。

안녕하세요?(アンニョンハセヨ?)は朝昼晩共通のあいさつ

韓国語では朝昼晩(おはよう、こんにちは、こんばんは)すべて共通のあいさつをします。

안녕하세요?(アンニョンハセヨ?)のハングル表記と意味

アンニョンハセヨのハングル表記を見てみましょう。
안녕하세요?
単語レベルまで分解して意味を解説すると前半の안녕(アンニョン)は漢字で「安寧」と書き、それをハングル発音したものです。この安寧は「穏やかで平和である」という意味です。
하(ハ)は「~する」と言う意味です。後半の세요(セヨ)は丁寧な謙譲語の表現となり、해요(ヘヨ)体と言う口調です。最後にはクエスチョンマーク(?)がついているので疑問形です。
まとめると「お元気にされていますか?」や「お変わりありませんか?」のような意味になります。

안녕하세요?(アンニョンハセヨ?)の発音のコツ

ハングルで表記された안녕하세요?(アンニョンハセヨ?)を見てもらうと分かる通り、안・녕・하・세・요の5文字なんです。なので発音は「アン・ニョン・ハ・セ・ヨ?」の5文字で5音節です。
アン・ニョンの2文字はそれぞれパッチムというものがついているので1音節で発音します。これのおかげで韓国語はすっごい早口に聞こえるわけですね。
「アンニョンハセヨ」→「アニョハセヨ」と聞こえるのもパッチムが聞き取りづらいからです。
もしパッチムの発音ができなければ「アニョハセヨ」と発音しても通じます。むしろこのほうが通じやすいと思います。

2文字目のニョに注意

発音では2文字目の「ニョ」に注意しましょう。
2文字目の「녕」からパッチムを外すと「녀(ニョ)」になります。
これは日本語の「ニョ」とは発音が若干違います。日本語で「ニョ」という場合は口をすぼめて前に突き出します。韓国人にはこれは「뇨」に聞こえます。カタカナで訳すと同じニョですが韓国人には違う音に聞こえています。
「녀(ニョ)」の発音は口をやや大きめに開けて(「ア」と同じ口の開け方)「ニョ」と発音します。
口をすぼめずに大きめに開けて「ニョ」。これが「녀(ニョ)」の発音です。
難しいですが結構大事なポイントです。ハングル文字の母音の書き方と読み方も参考にして下さい。

疑問形だが語尾を上げる必要はない

안녕하세요?(アンニョンハセヨ?)は疑問形ですが発音する際には語尾を上げる必要はありません。実際の韓国人の発音を聞いていても語尾を上げていることはほとんどありません。
字で書く場合は忘れずに?を付けましょう。

相手や場面によって使い分けるあいさつの言葉

안녕하세요?(アンニョンハセヨ?)は朝昼晩すべてに共通して使えますが、相手との関係や場面によっては他の言葉を使うべきこともあります。

  • 目上の人には안녕하십니까?(アンニョンハシムニカ?)
  • 親しい友達なら안녕(アンニョン)

안녕하십니까?(アンニョンハシムニカ?)

目上の人には안녕하십니까?(アンニョンハシムニカ?)を使います。
この意味としては前半の안녕하までは안녕하세요?(アンニョンハセヨ?)と同じです。後半は丁寧な敬語の疑問系である십니까?(シムニカ?)がついています。こういう文章を합니다(ハムニダ)体と言います。疑問系の場合は最後が까(カ)になります。
안녕하세요?(アンニョンハセヨ?)は해요(ヘヨ)体と言う口調で若干馴れ馴れしい口調なので目上の人には使うべきではありません。ビジネスなどでは気を付けましょう。
パッチムを含めると「アン・ニョン・ハ・シム・ニ・カ?」の6文字6音節です。発音に慣れてきたら意識しましょう。疑問形ですが語尾を上げようと意識する必要はありません。

親しい友達なら안녕(アンニョン)

親しい友達が相手ならなら省略して안녕(アンニョン)と言ってもOKです。
안녕(アンニョン)だけはあいさつ以外に別れ際に「じゃあな」みたいなニュアンスで使う事もあります。
早く안녕(アンニョン)とあいさつできるほどの親しい友人ができるといいですね。

その他のあいさつに使えるフレーズ

ここからはこれ以外のあいさつに使えるフレーズをいくつか紹介します。

반갑습니다(パンガプスムニダ)はお会いできて嬉しいです

반갑습니다(パンガプスムニダ)は「お会いできて嬉しいです」を意味します。初対面や久しぶりに会う人に対して使うフレーズです。韓国語では良く使われます。
直訳すると「嬉しいです」になります。
発音は「パン・ガプ・スム・ニ・ダ」5文字5音節です。
本来は만나서 반갑습니다(マンナソ パンガプスムニダ)が「お会いできて嬉しいです」ですが、前半の만나서(マンナソ)を省略した形になります。
丁寧なあいさつをしたい方は省略せずに만나서 반갑습니다(マンナソ パンガプスムニダ)を使いましょう。
この場合は「マンナソ」が文章の区切りなのでここで一区切りするのが流暢に聞こえる発音のコツです。

見知らぬ人に声を掛ける場合は저기요(チョギヨ)

見知らぬ人に声を掛ける場合は저기요(チョギヨ)を使います。この저기요(チョギヨ)は「あの~」といったニュアンスなので声を掛ける際に最適です。日本語で言うと「すみません」のような使い方をします。
韓国旅行で見知らぬ人に道を聞く場合などはこの저기요(チョギヨ)を使いましょう。

韓国語のさようならは2つあります

韓国語ではさようならは2つあります。

  • 안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)
  • 안녕히 가세요(アンニョンヒガセヨ)

2つです。それぞれその場に残る人、その場を去る人によって言うことが違います。

안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)はその場を去る人が言う

안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)はその場を去る人が、残る人に対して言います。直訳すると「お元気でいらしてください」です。
前半の안녕(アンニョン)はアンニョンハセヨと同じ안녕(安寧)です。後半の계세요(ゲセヨ)は「いらしてください」や「お過ごしください」という意味になります。
発音は「アン・ニョン・ヒ・ゲ・セ・ヨ」の6文字6音節です。

안녕히 가세요(アンニョンヒガセヨ)はその場に残る人が言う

안녕히 가세요(アンニョンヒガセヨ)はその場に残る人が、去っていく人に対して言います。直訳すると「お気をつけてお行きください」です。
안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)と안녕히 가세요(アンニョンヒガセヨ)の2つの違いは계(ゲ)が가(ガ)に変わっただけです。
この가(ガ)は「行く」という意味です。間違えやすいので気をつけましょう。

発音に慣れたら히「ヒ」は省略しても良い

안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)と안녕히 가세요(アンニョンヒガセヨ)の2つとも発音に慣れてきたら히「ヒ」の音は省略しても良いです。
実際に韓国の方の発音を聞くと「アンニョンゲセヨ」や「アンニョンガセヨ」と聞こえます。
ただしこれは発音に関してのみです。字で書く場合は省略してはいけません。

電話で여보세요(ヨボセヨ)はもしもし

여보세요(ヨボセヨ)は「もしもし」として使います。直訳すると「こちらを見てください」と言う意味です。
電話を掛けたり受けたりする際に使われるので「もしもし」と訳されます。
여보세요(ヨボセヨ)はパッチムがないのでそのまま4音節で発音します。
昔は知らない人に声を掛けて呼び止めるときにもこの여보세요(ヨボセヨ)を使っていたそうですが最近ではこの使い方はせず、電話でのあいさつ以外にはほとんど使いません。

韓国人と積極的にあいさつができる

このページの内容が分かれば韓国人と積極的にあいさつができるようになります。
あいさつの発音のコツがわかり、ネイティブの韓国人にも伝わりやすい発音が身につくので積極的にあいさつができるようになります。
ハングル表記や意味なども解説しているので書ける、読めるようになります。
くだけた言い方、かしこまった言い方も解説するので使うべき場面や相手が分かります。

難しいと思った方は他のページも読んで下さい

なるべく易しく解説することを心がけましたが本格的な内容になってしまいました。
難しいな、と思った方は他のページも読んで下さい。基本的なことが分かっていればもっとできるようになります。
おすすめするページ