イ・サンの呼ばれ方の解説

このページでは韓国時代劇でも人気のあるイ・サンについて解説します。
イ・サンは幼いころは「セソン(세손)」、即位すると「正祖(チョンジョ)정조」、現代では「イ・サン(이산)」と呼ばれていますね。
この呼ばれ方の変化について解説します。

イ・サンは本名

まずは「イ・サン」についてです。
この「イ・サン」という呼び方は家族やごく親しい人しかしていない呼び方ですね。
劇中では幼いころのソンヨンに「イ・サンと呼んでほしい」と頼んだシーンがありました。
これは「イ・サン」が人としての本名だからです。
王族であるイ・サンの本名を呼ぶことはとても恐れ多い事だったのでソンヨンはためらっていたのです。
現代では歴史上まれにみる名君であったイ・サンを親しみと尊敬の念を込めて本名で呼んでいるという事です。

セソンは役職名

イ・サンは幼いころ父親を亡くしています。韓国歴史上で有名な「米びつ事件」です。
この米びつ事件でなくなったのがサド・セジャです。
まずは父親であるサド・セジャについて説明します。サドは個人名です。
後半のセジャは漢字では「世子」と書きます。これは時期王位継承者につけられるもので日本語的に意訳をすると皇太子みたいな意味になります。
「世継ぎの子」とかいて世子(セジャ)となります。セジャはハングルで書くと세자です。
これに対してセソンは漢字で「世孫」、「世継ぎの孫」となります。
正室の直系男子の長男が後を継ぎます。これがイ・サンがセソンと呼ばれていた理由です。
イ・サンは父親を亡くしているので世孫の状態から次期王様として即位します。

即位後は朝鮮王朝第22代の正祖(チョンジョ)

イ・サンは即位すると朝鮮王朝代22代の正祖(チョンジョ)となります。
前述したようにチョンジョではなく本名のイ・サンと呼ばれることのほうが多いのでチョンジョの呼び方はなじみが薄いかもしれません。
チョンジョは歴史上まれに見る名君として尊敬され、ハングルを開発した世宗(セジョン)と並び称される王様でした。

 

以上、イ・サンが幼いころセソンと呼ばれていた理由についてお知らせしました。
国内ドラマ
韓流ドラマ見るならdtvがおすすめ。
ドラマの他にK-POPの音楽番組も見放題

関連ページ

韓国語であけましておめでとうございます
韓国語で新年あけましておめでとうございます。意味と発音を解説します。
韓国の旧正月の解説
韓国では旧暦の正月を盛大に祝います。この旧暦の正月を설날(ソルラル)といいます。
韓国旅行の基本情報と注意点
韓国旅行の基本情報(気温、お金や注意が必要な休日など)をお伝えします。
韓国語のもしもし
このページでは韓国語の「もしもし」を解説します。ハングル表記と注意点をお知らせします。
オリンピック開催地韓国の平昌(ピョンチャン)は冬ソナのロケ地
2018オリンピック開催地韓国の平昌についての紹介です。
韓国語の「久しぶり」
韓国語の「久しぶり」を丁寧な言い方とパンマル(タメ口)両方勉強します。
トック(떡국)を作りました
韓国では旧正月の定番料理のトック(떡국)を作って食べました。
韓国語の「楽しみ」
韓国語の「楽しみ」について解説します。
自宅でできる삼겹살(サムギョプサル)
自宅で삼겹살(サムギョプサル)を食べる際の必須アイテムを紹介します。
韓国語訳された英語のFの発音
韓国語訳された英語はFの発音に注意が必要です。実例を使って紹介します。
韓国男子1歳のお祝い「トルチャンチ」
韓国の習慣、男子の1歳のお祝いとしての「トルチャンチ」を紹介します。