韓国ドラマならdTVかU-NEXT

韓国好きの私が韓国ドラマを見るためのVODとしてdTVかU-NEXTをおすすめします。この両者の金額やスペック、使い心地などを徹底比較します。

dTVのサービス紹介

まずはdTVのサービス内容を紹介します。

税抜きで500円。VODでは最安値クラス

dTVは料金が税抜きで500円とVODでは最安値クラスです。
それでいながら見れる作品数は12万本とかなり多く、コスパは高いです。
私自身もdTVユーザーなので太鼓判を押します。

韓国の番組が豊富

韓国ドラマに限っても約340本、韓流時代劇も50本以上あるので見切れないほどあります。
イ・サン、ケベク、トンイ、チャングム、太陽を抱く月など定番物はdTVで見ました。私の韓流ライフはdTVがないと語れません。

音楽番組やMVも見れる

これ以外にも「SBS人気歌謡」や「THE SHOW」等の音楽番組も見れます。実際に韓国で放送している音楽番組なので日本未上陸の新人アイドルの発掘も楽しいですよ。
東方神起や防弾少年団などのMVも充実。
(本作品の配信情報は2018年2月1日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

31日間の無料お試しあり。解約もしやすい

番組のダウンロード機能など基本的なものは備えています。これで月額は税別500円と破格の安さ。しかも31日間の無料お試しもアリ。ケータイがドコモじゃない人も入会できます。
解約もすぐにできるので見なくなったら解約すればいいです。違約金などのシステムはありません。

dTVの注意点

dTVは他のVODに比べて画質が劣ると言われています。
ですが実際に見ている感想としては全く画質は気になりません。
本当にこだわりがあり、高画質じゃなきゃ嫌だという人じゃなければ気になるレベルではありません。
また、複数デバイスでの同時視聴はできません。
例えば一人がスマホでドラマを見ながら一人がPCで音楽番組を見るという事はできません。
また、新作などの一部の動画は有料になります。
有料動画は別料金を払い、一定期間のみ視聴可能となります。dTVではこれを「レンタル」と表記しています。
「レンタル」と言っても返却の必要はなく、期限が来たら見れなくなるだけです。
★韓国ドラマ

U-NEXTのサービス紹介

U-NEXTのサービスを紹介します。
U-NEXTは月会費が若干高めの税別1,980円。
ですがその価値は十分あると思います。

動画の他、雑誌も読み放題

動画の見放題はもちろん約70種類の雑誌も読み放題です。
U-NEXTでは見放題の動画とレンタル配信の2種類があります。

U-NEXTは新作がお得に見れる

レンタル配信とは新作などの動画を個別に追加料金を払って視聴するものです。
「レンタル」と言っても返却の必要はなく、期限が来たら見れなくなるだけです。(この辺のシステムはdTVと同じです)
U-NEXTではこのレンタル配信に使えるポイントが毎月1,200ポイントもらえます。この1,200ポイントも料金に含まれています。
なのでポイントを使えば新作も追加料金なしで見ることができます。
配信作品数は見放題とレンタル配信を合わせて約12万本になります。

同時視聴4台はファミリーにうれしい

同時視聴は4台までOKなので例えばスマホ、PC、TVでそれぞれ違う動画を同時に見ることも可能です。
この同時視聴4台は他ではあまり見られません。
ダウンロード機能ももちろんアリなので外出時にも見れます。

新規入会時は31日間無料お試しも

新規入会時は31日間無料お試しもできます。解約もしやすいので安心してトライアルできます。
これで1,990円はお買い得です。
U-NEXT

まとめの一覧表

dTV U-NEXT
作品数 約12万本 約12万本(レンタル配信と見放題の合計)
雑誌 読めない 約70誌読める
新作 個別課金(レンタル) レンタル配信(ポイントで払える)
複数デバイスでの同時視聴 出来ない 4台まで可能
新規入会時の無料期間 31日間 31日間
ダウンロード できる できる
月額 税別500円 税別1,990円

このページでは韓国ドラマ好きにおすすめするVODとしてdTVとU-NEXTを紹介しました。
VODはたくさんありますが、まずは自分の見たい番組が見れるかどうかで選びましょう。
huluのようなアメリカ発のVODは韓流の動画が少ないので韓国好きにはおススメできません。
あなたの韓流ライフのお役に立てれば幸いです。

関連ページ

韓国ドラマ好きにおすすめするVOD
韓国ドラマ好きにおすすめするVOD(ビデオオンデマンド)の紹介です。
韓国語の「クレ」の解説
韓国語の「クレ」についての解説
韓国語の「いただきます・ごちそうさまでした」
韓国語の「いただきます・ごちそうさまでした」の解説をします。