愛してる(サランヘヨ)ハングルでの書き方

このページでは韓国語の사랑해요(サランヘヨ)について解説します。意味は「愛してる」と言う意味です。
「サランヘヨ」について、意味・ハングル文字での書き方・「サランハムニダ」、「サランヘ」などほかの言い方との違いについても説明していきます。韓流ドラマや歌などでよく聞くフレーズがよくわかるようになります。
このサランヘヨのハングル文字での書き方は下記の通りです。
사랑해요
日本語のカタカナ書きだと5文字になりますがハングル文字での表記だと4文字です。なので発音も4音節です。
「サ・ラン・ヘ・ヨ」となります。発音のコツを解説するとサランのンはラにくっついているパッチムなので「ラン」を1音節で発音します。

サランヘヨの意味を解説

サランヘヨは日本語では「愛してる」と訳されますが単語ごとに区切って意味を解説します。

サランは「愛」の名詞

사랑해요の前半の2文字「사랑」(サラン)が愛を意味する名詞です。

ヘヨは「~します」

後半の2文字「해요」(ヘヨ)は「~します」という意味です。少し文法的な難しい解説をするとこの「해요」のもともとの形は하다(ハダ)「~する」です。(こういった用法を「하다(ハダ)用言」といいます。)
これをヘヨ体という丁寧な言い方の形に変えています。なので「愛する」という意味の「사랑하다」(サランハダ)が丁寧な言い方の사랑해요に変わった、ということです。

韓国語としてのニュアンス

日本語では사랑해요は「愛してる」と訳されていますが、本来の韓国語としては現在進行形(英語の~ing)とは若干ニュアンスが違います。「愛します」と訳したほうが本当の意味に近いです。

サランを使った例文

このサランはもちろん他の場合にも使えます。

  • 사랑의 고백(サランイ・コベク)愛の告白
  • 사랑하는 사람(サランハヌン・サラム)愛する人

サランハムニダ、サランヘなどとの違い

K-POPや韓流ドラマなどで実際にはどう使われているかと言うと

  1. 사랑합니다「サランハムニダ」
  2. 사랑해요「サランヘヨ」
  3. 사랑해「サランヘ」
  4. 사랑한다「サランハンダ」

上記の4つの文は全て「愛してる」と訳され、字幕でもこのように出てきます。意味も「愛してる」で正しいです。この4つの違いは相手との上下関係によって使い分ける口調の違いです。

とても丁寧な「サランハムニダ」

韓国は儒教の国です。上下関係を重んじています。相手が目上の方の場合言葉使いに気をつけなければなりません。基本的には年上が目上となります。
また、立場が同程度の場合女性よりも男性のほうが目上です。ですので、愛する相手があなたよりも年上の場合は丁寧な言い方をするべきです。
この場合は1番目の사랑합니다「サランハムニダ」を使いましょう。(連音化によって「サラナムニダ」と聞こえます)
発音のコツは「サ・ラン・ハム・ニ・ダ」のようにランとハムはパッチム有りの音なので1音節にしましょう。
前半の사랑はサランヘヨの場合と同じく「愛」です。後半の합니다が丁寧な表現である합니다(ハムニダ)体というものです。「~します」の最上級の丁寧な表現です。
日本語訳のニュアンスとしては「お慕い申し上げます」となります。相手が目上の場合はこちらを使いましょう。

普通の口調は「サランヘヨ」

2番目のサランヘヨ(사랑해요)は先ほど説明したヘヨ体となり丁寧な言い方です。普通の口調はこのヘヨ体です。
若干親し気なニュアンスもあるので年上やあまり親しくない、知り合ったばかりの相手には使わないほうがいいです。

「サランヘ」はタメグチ

3番目のサランヘ(사랑해)は해(ヘ)体と言う表現になります。ヘヨ体とヘ体の違いはヨが付くか付かないかだけですがヘ体はいわゆるタメグチです。
なので「サランヘ」は若干上から目線の言い方、もしくはかなり親し気な言い方という事になります。ヘ体は「パンマル」とも呼ばれる話し言葉です。
この「サランヘ」はネイティブの韓国人の発音では「サラゲ」と聞こえることがあります。(本人たちはこう発音している自覚はないそうです。指摘すると驚きます)
K-POPの歌詞などではこの「サラゲ」はよく聞きますが、これは「サランヘ」です。

「サランハンダ」は上からの口調

4番目のサランハンダ(사랑한다)はさらにぞんざいな口調の한다(ハンダ)体と言う表現です。
ハンダ体は「下称」という話し方で上下関係がかなりある場合のみ使っていい口調です。韓流ドラマでは身分差の大きい男女の愛の場合に使われる言葉です。
また、ハンダ体は書き言葉や「だ・である」の口調でも使われるのでニュースや新聞などはこのハンダ体が使われます。
主にこの4種類の口調が分かれば言った側と言われた側の人間関係が分かります。

  • サランハムニダを使った場合は上下関係がある、または出会ったばかり。
  • サランヘヨを使った場合は普通の恋人同士くらいの関係と言えます。
  • サランヘを使った場合は先輩から後輩へ、とか幼なじみ同士くらいの関係などかなり親しいのかな?と推測できます。
  • サランハンダを使った場合はかなり身分差がある、例えばご主人様が召使に手を出したとか。

日本語訳では「愛してる」しかわかりませんが口調が分かればその2人の関係がより理解できるので楽しみが広がりますよ。
韓流ドラマを見るなら(愛してるに限らず)ただ字幕を見ているだけよりも実際のセリフを聞いて、意味は分からなくても口調だけ分かれば上下関係なども分かるので、吹き替え版ではなく字幕版を見ることをおすすめします。

韓国語の文体には丁寧さが4段階

(上記の説明の補足です)

  • ハムニダ体(最上級の丁寧さ)
  • ヘヨ体(丁寧語だがハムニダ体よりは親し気)
  • ヘ体(「パンマル」と言うタメグチ)
  • ハンダ体(「下称」というぞんざいな口調、または「だ・である」口調)

このページのまとめ

今回は歌のフレーズや韓国ドラマのせりふなどで耳にする機会の多い韓国語の「愛してる」사랑해요(サランヘヨ)の意味と書き方を勉強しました。
また、上下関係による文体の使い分けも勉強しました。
해요(ヘヨ)体は丁寧ではありますが親しげなニュアンスも含まれるので、初対面や目上の人にいきなり使うと失礼な場合があります。また、해요(ヘヨ)体は女性的な話し方とも言われています。男性は特にいきなり使うと失礼だと受け止められます。
初対面の相手には합니다(ハムニダ)体を使うほうが無難です。