韓国語での人の呼び方

このページでは韓国語での人の名前の呼び方を解説します。
韓国語で人の名前を呼ぶときには日本語のようにいわゆる「呼び捨て」にすることはほとんどありません。
名前の後に아(ア)、야(ヤ)、씨(シ)などの言葉が付きます。
どの言葉を付けるかは名前のつづりや上下関係などによって変わるので初心者の方には難しいものです。呼び方を間違えると非常に失礼になるので注意が必要です。
このページの内容が分かっていれば初対面の方とのトラブルは回避できます。名前の後ろにつける言葉をしっかり身につけましょう。

韓国語で名前の後につける言葉

親しい相手や目下の相手に呼びかける場合

韓国語で名前の後につける言葉はいくつかありますが、まずはあなたと友達だったり立場が同等か相手が目下(タメグチを使っていい相手)に呼びかける場合につける言葉を紹介します。

  • 相手の名前の最後にパッチムがある場合:아(ア)
  • 相手の名前の最後にパッチムがない場合:야(ヤ)

相手の名前の最後にパッチムがあるかないかで上記のように変わります。つまり相手の名前のつづりがわかっていないと呼べないってことですね。
パッチムがある場合は連音化で発音します。
韓流ドラマなどの韓国のテレビを見ていてこんな経験はないでしょうか。
セリフでは「テヨナ」と言っているのに字幕では「テヨン」となっている。
この例では呼ばれている相手のテヨンさんの名前が태연なので、名前の最後の文字の연についているパッチムのㄴと아が連音化して나(ナ)の発音になったということです。
태연に아をつけて→태연아(テヨナ)
아は母音のアの音なのでパッチムにアの音を付けた発音になるのです。
韓流ドラマで見た名前をいくつか例にします。

  • セビョク→セビョガ
  • チャンシル→チャンシラ
  • ガンウク→ガンウガ

のようになります。(全て母音の「ア」で終わっています)
パッチムがㅇの場合だけは例外です。これは音だけ聞いていると「ン」と聞こえますがアルファベットで表現すると「~ng」の発音をしています。
ㄴは普通に「ン」ですが、ㅇは口を開けて「~ng」です。違いに注意しましょう。
この場合は아を付けると「ナ」ではなくgと아が連音化して「ガ」のような発音になります。人によっては「○○~ンニャ」のように発音している人もいます。
名前の最後にパッチムがない場合はそのまま야(ヤ)をつけます。(特に注意点はありません)
例えば少女時代のメンバー名を一部例にすると

  • ユナ→ユナヤ
  • ユリ→ユリヤ
  • ソニ→ソニヤ

このように相手が親しかったり目下の場合は下の名前だけで呼びます。
ここまでは相手が目上ではない場合の呼び方です。

目上の人を呼ぶ場合はフルネーム+씨(シ)

相手が目上の場合はこういった呼び方はせずに次のようにします。
相手が目上の場合はパッチムの有無にかかわらず씨(シ)をつけます
実際には相手が目上ではなくてもあまり親しくない相手や初対面の場合はこちらを使います。
この씨(シ)は日本語の「~さん」のような使い方をします。テレビの字幕でも「○○さん」と出てくるはずです。
相手が目上の場合はフルネームに씨(シ)をつけて呼ぶのが基本です。日本語のように名字だけで呼ぶことはありません。
これは文化的な要因のほかに同じ苗字の人が多いという理由もあります。
韓国人の名前はキム・パク・イ・チェが多く、ソウルの街中でこの名字だけで呼ぶとたくさんの人が振り返ることになります。
役職(「キム部長」、「パク先生」など)で呼ぶ場合は名字に役職名だけでもOKです。
目上でかつ親しい人の場合は下の名前に씨(シ)をつけます。
韓国語の初心者の方はフルネーム+씨(シ)を使うのが無難です。名前の呼び方を間違えると失礼どころかケンカを売っていると受け取られかねません。(なので男性は特に注意)
例えば相手が目下の場合はフルネームで呼ぶと口調によっては怒っていると受け取られます。
親が子を叱るときはフルネームで呼ぶからです。こういった場合は名前の後には何もつけず、呼び捨てにします。
家族間でフルネームで呼ぶのは日本人の感覚では違和感もありますが韓国では夫婦別性であり、子は父親の名字がつくので家族の中でお母さんだけが名字が違うというのが原因の一つです。
(父親が子を叱るときもフルネームで呼びます)

야(ヤ)の意味

야(ヤ)は名前の後につける言葉として紹介しましたがこれを「야(ヤ)!」と強い口調で言うと「コラ!」というニュアンスです。
なので야(ヤ)を名前の前につけてしまうと「コラ!○○」と怒っている印象を与えて男性同士では最悪の場合はケンカとなります。
韓国語の名前の呼び方の注意点をまとめます。

  • 相手が親しい、または目下の場合

    相手の名前の最後にパッチムがある場合:아(ア)を付ける

    相手の名前の最後にパッチムがない場合:야(ヤ)を付ける

  • 相手が親しい、または目下の場合はフルネームではなく下の名前で呼ぶ
  • 야(ヤ)は名前の前には付けない
  • 相手が目上の場合はフルネームに씨(シ)を付ける
  • 役職がわかっている場合は名字に役職名で呼ぶ

名前に이をつける場合

名前を呼びかけではなく例えば街で見かけた場合(あ、○○だ。など)は名前に이をつけます。
例えばテプン→テプニ(パッチムが連音化します)
これは이が「~である」という意味の指定詞という用法なのでこの意味になります。
この이には「~が」という意味もあるので例えば会話の中で「メンバーの○○が・・・」という場合にも名前の後に이をつけます。
ここまでくると名前の呼び方というよりは通常の文法の解説になりますね。
韓国語では名前を呼び捨てにすることは例外的で아、야、씨、이などを後ろにつけるのが基本と覚えましょう。

韓国語で「私」

ここから先は人を名前以外で呼ぶ場合を勉強します。まずは「私」です。
韓国語では英語のI・my・me・mineのように用法によって使い分けます。まずは次の表をご覧ください。

基本(私) 저(チョ)
私が 재가(チェガ)
私の(所有) 재(チェ)

基本形「私」となるのは저(チョ)です。これに例えば「~は」の는(ヌン)をつけて「저는(チョヌン)」で「私は」の意味になります。この用法の詳しい説明は韓国語で自己紹介|名前、出身地の例文と発音のコツでしています。
「私が」という場合は재가(チェガ)となります。これは가(ガ)が「が」の意味になっています。(がに関しては日本語と同じですね)「私が」という場合は저가(チョガ)ではなく재가(チェガ)と言います。
この재(チェ)には一文字で「私の」(所有格)という意味があります。これに例えば가방「カバン」(かばんは韓国語でもカバンと言います)をつけて재가방(チェガバン)で「私のカバン」という意味になります。この例文はこのまま空港などで使えますね。
この저(チョ)、재(チェ)は丁寧な口調の場合に使います。
丁寧ではない口調(ぞんざいな口調)の場合は次のようになります。(日本語訳は「オレ」にしますが女性も使います)

基本(オレ) 나(ナ)
私が 내가(ネガ)
私の(所有) 내(ネ)

これは目上の人にはもちろん使えません。初心者のうちはあまり使わないほうが無難です。

韓国語で私たち、我々

韓国語では우리(ウリ)をよく使います。これは「私たち、我々」という意味です。グループで旅行などの際にはこの우리(ウリ)を使うのもいいでしょう。
韓国語の文章を日本語に訳す際には省略したほうが自然な日本語になる場合が多いです。
例えば「~しましょう」と誘いかける場合や「(私たちの)家族の○○が・・・」という場合など日本語では私たちをつけない場合でも韓国語では우리(ウリ)を使います。
韓国語で我々という言い方にはもう一つ저희(チョイ)があります。これは日本語で言うと「わたくしども」のようにビジネスのようなかしこまった言い方です。
使う機会はほとんどないでしょうが使われたらわかるように覚えておきましょう。

韓国語であなた

韓国語であなたを意味する言葉は複数あります。基本的には次の4つです。

  1. 너(ノ)
  2. 그대(クデ)
  3. 당신(タンシン)
  4. 여보(ヨボ)

너(ノ)はあなたというよりも「君」と訳したほうが自然ですね。親しい人や目下の相手に使います。너(ノ)!と強い口調だと「お前!」みたいなニュアンスになるので気をつけましょう。
また、너(ノ)には「私」の場合と同じく用法による区別があります。

基本(君) 너(ノ)
君が 네가(ネガ)
君の(所有) 네(ネ)

2つ目の그대(クデ)も目上の人には使いません。これは너(ノ)と呼ぶにはふさわしくない間柄や時代劇などのように「そなた」や「おぬし」のような訳しかたをします。너(ノ)よりも若干丁寧です。
また、愛人同士がこの그대(クデ)で呼び合うともいわれています。
3つ目の당신(タンシン)は恋人間や夫婦間などごく親しい間でかつ相手を敬う言い方です。韓国は家父長制なので基本的には旦那さんのほうが立場は上です。この場合は奥さんは旦那さんを당신(タンシン)と呼びます。
韓国語の歌などでこの당신(タンシン)が出てきたら好きな人を指している場合が多いです。また、英語の2人称であるyouの訳語としてもこの당신(タンシン)がよく使われます。
4つ目の여보(ヨボ)は당신(タンシン)よりもやや低めた言い方でより親しい言い方です。基本的には旦那さんから奥さんへの呼び方です。若いカップルの場合は女性から男性へ使うこともあります。いわゆる「パートナー」と言えるほどの関係でないとこの여보(ヨボ)は使いません。
韓国語の「あなた」は扱い方が難しいので親しくない人や目上の人には使わないほうが無難です。相手の名前がわかっている場合はフルネーム+씨(シ)で呼びましょう。

韓国語のお父さん・パパ

韓国語で「お父さん」の言い方は次の二つです。

  • 아버지(アボジ):「お父さん」や「父」として訳す丁寧な言い方
  • 아빠(アッパ):「パパ」として訳すべき甘えた言い方

基本的には아버지(アボジ)を「お父さん」として覚えておけばいいでしょう。
韓国では儒教の教えにより親は絶対的な尊敬の対象となります。なので「お父様」と様をつけて呼ぶ場合も多いです。日本語の場合はあまり身内に「様」はつけませんが(時代劇や貴族みたいですよね)韓国では日常的に「様」をつけます。それほどまでに親を尊敬すべし、ということです。
「~様」を意味するのは「~님(ニム)」です。아버지(アボジ)の지(ジ)を省略し、아버(アボ)に「~님(ニム)」をつけます。
아버님(アボニム)で「お父様」という尊敬語になります。

韓国語のお母さん・ママ

韓国語で「お母さん」の言い方は次の二つです。

  • 어머니(オモニ):「お母さん」や「母」として訳す丁寧な言い方
  • 엄마(オンマ):「ママ」として訳す甘えた言い方

基本的に어머니(オモニ)を「お母さん」として覚えておきましょう。
「お父様」と同じく母親の場合も「お母様」という尊敬系があります。어머니(オモニ)の最後の文字が니(ニ)なのでこれにパッチムのㅁ(ム)をつけます。
어머님(オモニム)で「お母様」の尊敬語です。

韓国語のお兄さん

韓国語で「お兄さん」は次の二つです。男性が呼ぶ場合と女性が呼ぶ場合で呼び方が違います。

  • 형(ヒョン):弟(男性)がお兄さんを呼ぶ場合。형님(ヒョンニム)でお兄様
  • 오빠(オッパ):妹(女性)がお兄さんを呼ぶ場合に使う言葉

上記の説明で弟と妹にカッコつきで男性・女性と入れたのには血縁関係がなくてもこの呼び方をするからです。本当のきょうだいではなく(血縁関係がない相手)てもこの呼び方をします。男性が형(ヒョン)と呼ぶのはかなり親しい場合です。

韓国語の형(ヒョン)の解説

韓国語では男性がお兄さんを呼ぶ場合は형(ヒョン)と言います。つまり、この형(ヒョン)は男性同士しか使いません。血縁関係のない男性を형(ヒョン)と呼ぶ場合は本当に尊敬している、本当にお世話になっているなど特別な間柄の関係です。韓国では儒教の教えにより年上の男性が上位の序列となります。なので長兄が家の中では両親に次ぐ上位の存在となり、형님(ヒョンニム)と敬称をつけて呼ぶこともよくあります。

韓国語の오빠(オッパ)の解説

韓国語で「お兄さん」を意味する오빠(オッパ)はK-POPなどでかなり日本にも浸透してきましたがアヤシイ使われ方が増えてきていると思うので詳しく解説します。
この오빠(オッパ)は女性から見た年上の男性に使います。本来は血縁関係のあるお兄さんや「いとこのお兄さん」を呼ぶ言葉ですが親しい年上の男性にも使います。
日本語でも女の子が「お兄さん」と言いますが同じ使い方でOKです。
近年では彼氏や旦那さんをこの오빠(オッパ)で呼ぶ人も増えています。なのでかなり親し気なニュアンスがあります。
あなたが女性であれば韓流イケメンに声をかける場合はこの오빠(オッパ)と呼ぶといいでしょう。旅行の際に店員が年上の男性であればおまけしてくれる可能性アリです。
ちなみにこの오빠(オッパ)は오빠~(オッパ~)と伸ばしません。そもそも韓国語に長音(伸ばす発音)はありません。雑誌などでよく伸ばしているのを見かけますがこれは甘えた口調にするために伸ばしています。本来は伸ばさないことに注意しましょう。

韓国語のお姉さん

韓国語で「お姉さん」は次の二つです。男性が呼ぶ場合と女性が呼ぶ場合で呼び方が違います。

  • 누나(ヌナ):弟(男性)がお姉さんを呼ぶ場合。누님(ヌニム)でお姉さま
  • 언니(オンニ):妹(女性)がお姉さんを呼ぶ場合に使う言葉

こちらもお兄さんの場合と同じく弟と妹にカッコつきで男性・女性と入れたのには血縁関係がなくてもこの呼び方をするからです。本当のきょうだいではなく(血縁関係がない相手)てもこの呼び方をします。
この누나(ヌナ)・언니(オンニ)はいずれも結構丁寧な言葉使いです。特に女性同士の場合は年上には언니(オンニ)と呼ばないと怒られます。
韓国では初対面の女性同士の場合はいきなり年を訪ねるそうです。つまりまずは上下関係をはっきりさせましょうと言うことです。それほど上下関係に敏感です。

韓国語の아가씨(アガシ)の解説

もう一つのお姉さんの呼び方で아가씨(アガシ)があります。
この아가씨(アガシ)は本来は身分の高い女性を呼ぶ言い方で「お嬢さん」と訳す場合が多いです。時代劇などではこの使われ方をしています。
現代では「きれいなお姉さん」のようなニュアンスで使われます。夜のお仕事をしている女性をこの아가씨(アガシ)で呼んだり、韓国人男性はナンパの際には女性に아가씨(アガシ)と声をかけるそうです。아가씨(アガシ)は近年では若干性的なニュアンスを含み、女性差別を連想する言葉とされているので日常会話では使いません。
ちなみにこの아가씨(アガシ)を辞書で調べたら「処女に対する敬称」という意味でした。日本語に訳すと「乙女」みたいな意味ですね。

そのほかの人の呼び方

そのほかの覚えておくと便利であろう人の呼び方を表にします。参考にしてください。

남동생(ナムドンセン)
여동생(ヨドンセン)
おじさん(血縁関係のない) 아저씨(アジョシ)
おばさん(血縁関係のない) 아주머니(アジュモニ)・아줌마(アジュンマ)
見知らぬ人に声をかける場合 저기요(チョギヨ)

この中で解説すべきは「おばさん」についてですね。
아주머니(アジュモニ)はややかしこまった呼び方です。아줌마(アジュンマ)はくだけた、なれなれしい呼び方です。旅行雑誌などではよく「お店のアジュンマが…」みたいな書き方をしていますが実際にこの呼び方をすると結構失礼です。呼ぶなら아주머니(アジュモニ)にしてきましょう。

このページのまとめ

韓国語では人を呼ぶ場合には上下関係や男性・女性などで呼び方が変わるので注意が必要です。
最後に相手に名前を訪ねる場合の例文を勉強しましょう。

お名前は何とおっしゃいますか?

성함이 어떻게 되십니까?
(ソンアミ オットケ トゥシムニカ?)

名前で呼び合うようになれば仲良くなれます。韓国人の友達を作ることもできるはずです。頑張りましょう。