韓国語の子音を基礎から勉強できるページ

このページでは韓国語で使われているハングル文字の子音について詳しく解説します。
ハングルの子音は発音器官(のど、舌、唇など)をかたどって作られました。発音が似ている・使用する発音器官が同じ文字は形が似ているという特徴があります。
聞きなれない専門用語も使用しますが、もちろんはじめは覚えなくても大丈夫です。もとになった発音器官ごとにまとめました。発音に使用する器官と字の形の関係をイメージしてください。また、理解しやすいようにアルファベットとの対応で説明していきます。
韓国語の子音を基礎から勉強できるページです。これを読めば子音の書き方、読み方、発音などがよくわかります。

発音器官ごとに子音をまとめる

口蓋

(こうがい)

ㄱㅋ
ㄴㄷㅌㄹ
ㅁㅂㅍ
ㅅㅈㅊ
のど ㅇㅎ

口蓋(こうがい)

口蓋(こうがい)のㄱ ㅋはアルファベットで言うとkの音です。舌根が口腔をふさぐ形からきています。
カ行を発音してみると口をあけたまま舌の根っこと口蓋の間で音が鳴っています。
これが口蓋の発音です。
口蓋(こうがい)とは聞きなれない言葉ですがいわゆる「のどちんこ」のあたりが口蓋です。のどちんこは正しくは「口蓋垂(こうがいすい)」と呼びます。

舌のㄴㄷ ㅌㄹは舌が上あごに付いて、舌先は前歯の裏に付く形を表しています。
アルファベットで言うとそれぞれ、
ㄴはn、
ㄷ ㅌはt、
ㄹはrの音にあたります。
実際にタ行、ナ行、ラ行を発音してみてください。
舌が上あごに付き、舌先は前歯の裏に付いているのがわかるはずです。

唇のㅁㅂㅍは唇を使う発音を表しています。
アルファベットで言うとそれぞれ、
ㅁはm、
ㅂㅍはpの音にあたります。
実際にマ行、パ行を発音してみてください。
発音の直前に一度口を閉じ、唇がくっついています。これが唇を使った発音です。

歯のㅅㅈㅊは上下の歯の間に舌先を軽く入れる発音を表しています。
アルファベットで言うとㅅはs、ㅈㅊはチャ、チュ、チョの音です。chの発音と表記します。
サ行とチャ、チュ、チョの音を実際に発音してみると歯の間に舌先が入っているのがわかります。

のど

のどのㅇㅎは喉頭の形を表しています。
のどを開き、舌や唇などのほかの発声器官を使っていないことを意識してください。
ㅇは母音発音時に使う子音なので該当するアルファベットはありません。
(例外的にパッチムで使われると「~ng」の発音になります。詳しくはパッチム編で説明しています。)
ㅎはアルファベットではhにあたります。
母音とハ行の発音は喉の開きを実感できます。
以上で韓国語の基本的な子音は出揃いました。実際に発音してみると特別なことはなかったかと思います。
普段は無意識に出来ている事を少し意識すればいいということです。
難しい記号のように見えていたハングルが簡単に見えてきますね。

ハングルの子音は3種類

ハングルの基本文字のうち子音は14文字あり、大きく分けると3種類に分けられます。
平音、激音、濃音の3種類です。

  • 平音はㄱㄴㄷㄹㅁㅂㅅㅇㅈㅎの10種類。
  • 激音はㅊㅋㅌㅍの4種類。平音に横棒を1本足した形です。
  • 濃音はㄲㄸㅃㅆㅉの5種類。平音を横に2つ並べた形です。

濃音に関しては平音を横に2つ並べているだけなので基本文字には数えず、その他の文字とされます。
なので書き方を覚えるべき子音は14文字、となります。

平音 ㄱㄴㄷㄹㅁㅂㅅㅇㅈㅎ
激音 ㅊㅋㅌㅍ
濃音 ㄲㄸㅃㅆㅉ

基本的な発音方法が違う

平音、激音、濃音では基本的な発音方法が違います。平音は日本語とほぼ同じ発音方法でかまいません。
激音は息を強く吐きながら発音します。字の通り激しい発音です。
濃音は息を吐かずにのどを詰めるように発音します。
口の前に布をたらしそれを動かさないように練習すると言われています。
これは日本語にはない発音方法です。濃音は特に習得が難しいのであせらずに勉強していきましょう。
某TV局(受信料を集金する所)で放送している[N○Kハングル講座」ではやたらに小さいツが目立ちます。読みがなが非常に読みづらいですね。
これは激音には後ろにッを付けて(カッ、タッ、パッのように)、濃音には前にッを付けて(ッカ、ッタ、ッパのように)表現しているからです。私の意見としてはこれは正しい表現ではないと思っています。

 

読み方が変わるもの、変わらないもの

韓国語の平音では語頭と語中で読み方が変わるものと、変わらないものがあります。
はじめに変わらないものを解説します。母音をつけた状態で表記します。
ㄴㄹㅁㅅㅎの5つです。

  • ㄴはnの音です。ナ나、ニ니、ヌ누、ネ네、ノ노
  • ㄹはrの音です。ラ라、リ리、ル루、レ레、ロ로
  • ㅁはmの音です。マ마、ミ미、ム무、メ메、モ모
  • ㅅはsの音です。サ사、シ시、ス수、セ세、ソ소
  • ㅎはhの音です。ハ하、ヒ히、フ후、ヘ헤、ホ호

次は語頭と語中で読み方が変わるものです。
ㄱㄷㅂㅈの4つです。
語頭の場合はそのままの発音ですが、語中の場合は濁音になります。
これは発音規則のうち、有声音化といわれるものです。
韓国語にはいくつかの発音規則(表記と発音に違いがあるもの)というものがあり、そのうちのひとつです。
ハングル文字には濁点(日本語の点々)がなく、この有声音化によって濁音を表現します。
また、ㄷはタテトまたはダデド、ㅈはチャチュチョまたはヂャヂュヂョの音を表します。

  • ㄱは語頭ではk、語中ではgの音です。カ가、キ기、ク구、ケ게、コ고
  • ㄷは語頭ではt、語中ではdの音です。タ다、テ데、ト도
  • ㅂは語頭ではp、語中ではbの音です。パ바、ピ비、プ부、ペ베、ポ보
  • ㅈは語頭ではch、語中ではdyの音です。チャ자、チュ주、チョ조

ア行はㅇを書きます。ア아、イ이、ウ우、エ에、オ오となります。

激音、濃音は読み方は変わらない

平音は語頭、語中で発音が変わりましたが激音、濃音は文字の位置によって読み方が変わることはありません。
まずは激音のㅊㅋㅌㅍからあいうえお順に書きます。

  • chの激音はチャ차、チュ추、チョ초
  • kの激音はカ카、キ키、ク쿠、ケ케、コ코
  • tの激音はタ타、テ테、ト토
  • pの激音はパ파、ピ피、プ푸、ペ페、ポ포

続いて濃音のㄲㄸㅃㅆㅉです。

  • kの濃音はカ까、キ끼、ク꾸、ケ께、コ꼬
  • tの濃音はタ따、テ떼、ト또
  • pの濃音はパ빠、ピ삐、プ뿌、ペ뻬、ポ뽀
  • sの濃音はサ싸、シ씨、ス쑤、セ쎄、ソ쏘
  • chの濃音はチャ짜、チュ쭈、チョ쪼
子音を使った単語の例

ここまでで子音は全て出てきました。これらを使った単語や物の名前を紹介します。

어머니(オモニ) お母さん
아버지(アボジ) お父さん
나라(ナラ)
요라(ヨリ) 料理
커피(コピ) コーヒー
고추(コチュ) 唐辛子(コチュジャンのコチュです。)