韓国語で数を数えられる

韓国語での数の数え方について勉強します。
このページでは主に韓国語の初心者が韓国旅行に行っても数の数え方で困らないようになることを目標に勉強していきます。
お金の数え方も身に付けておきましょう。ハングルでの書き方や発音が出来れば安心です。
韓国語には「数詞」というものがあります。
それぞれ数える対象によって「漢語系数詞」と「固有語系数詞」の2種類の数詞を使い分けます。
数詞の使い分け方も詳しく解説します。
また、数える単位(個、枚など)を韓国語では助数詞と呼びます。

ハングルの数字の書き方と読み方

漢語系数詞の一覧

일(イル) 이(イ) 삼(サム) 사(サ) 오(オ)

零(れい)
육(ユク) 칠(チル) 팔(パル) 구(ク) 공(コン)または

영(ヨン)

십(シプ) 백(ペク) 천(チョン) 만(マン) 억(オク)

漢語系数詞は漢数字をもととしているので日本語と似ている発音もあります。
「イルイーサムサー・・・」と数えるのが漢語系数詞です。
0については日本語でも「れい」とか「まる」とか「ゼロ」とか言ったりしますね。(ゼロは英語ですけど)
韓国語でも공(コン)と言ったり영(ヨン)と言ったりするそうです。
お金を数える場合は0はあまり使わないので旅行などでは出番は少ないかなと思います。また、万と億は日本語と同じ読み方です。
6の육(ユク)は読み方が変わる場合があるので注意が必要です。
例えば16の場合は発音が심뉵(シムニュク)に変わります。

お金の数え方の例文

実際にお金の数え方の例文を作ってみましょう。順番に組み合わせれば出来ます。
(読む場合は発音規則に気をつけましょう。参考ページ韓国語のパッチムは発音の変化に注意
お金の単位は원(ウォン)です。
例えば3,000ウォンの場合は千を表す천(チョン)の前に3を現す삼(サム)をつけて삼천(サムチョン)、
これに원(ウォン)をつけて삼천원(サムチョンウォン)となります。
※そのほかの一例
2,900ウォン→이천구백원(イチョンクベクウォン)
65,000ウォン→육만오천원(ユンマノチョンウォン)
13,000ウォン→만삼천원(マンサムチョンウォン)
日本語と違い、一万(いちまん)は一を省略して「万(만)」だけになります。
一億の場合は日本語と同じく일억(イロク)になります。

固有語系数詞の一覧

하나(ハナ) 둘(トゥル) 셋(セトゥ) 넷(ネトゥ) 다섯(タソトゥ)
10
여섯(ヨソトゥ) 일곱(イルゴプ) 여덟(ヨドル) 아홉(アホプ) 열(ヨル)

3の셋(セトゥ)、4の넷(ネトゥ)、5の다섯(タソトゥ)、6の여섯(ヨソトゥ)の発音には注意してください。
パッチムがㅅですが読み方はㄷで発音します。
カタカナの読み仮名は(トゥ)にしましたが実際には促音(小さいツ)に聞こえます。9の아홉(アホプ)のホプの部分は画面では見づらいですが、호にパッチムのㅂがついています。
こちらも「アホッ」とか「アホ」みたいに聞こえますが聞き間違えないようにしましょう。
パッチムの発音に関する注意はハングルのパッチムの種類と使い分けで詳しく解説しています。

韓国語の数詞とは

漢語系数詞

漢語系数詞は大昔に中国大陸から伝わったもので漢字語の一部です。
日本語の「いち、に、さん・・・」の数え方と似ている部分があります。
また、数によっては中国語と似ているものもあります。

お金を数えるのは漢語系数詞

お金を数える場合はこの漢語系数詞を使います。
このほかには1月、2月・・・と月を数える場合や1階、2階・・・と階数を数える場合も使いますが
このサイトは初心者向けなのでお金の数え方を扱います。
間違うと厄介なことにもなりかねませんのでがんばって勉強しましょう。

固有語系数詞

固有語系数詞は日本語での「ひとつ、ふたつ・・・」に相当する数え方です。
日本語と違い1から99までを数えることが出来ます。このサイトでは一桁を数えられることを目標にします。

個、枚、名は固有語系数詞

個、枚、名を数える場合は固有語系数詞を使います。
韓国旅行などで買い物や注文をする場合にこの3つがわかれば何とかなるでしょう。

年齢は固有語系数詞

年齢は固有語系数詞を使います。具体的な解説は韓国語で自己紹介をするを読んで下さい。

物の数え方の例文

1の하나(ハナ)、2の둘(トゥル)、3の셋(セトゥ)、4の넷(ネトゥ)は
後ろに助数詞がつくと次のように形が変わります。

  1. 하나(ハナ)→한(ハン)
  2. 둘(トゥル)→두(トゥ)
  3. 셋(セトゥ)→세(セ)
  4. 넷(ネトゥ)→네(ネ)

(2,3,4はパッチムがなくなります)
実際に物を数える場合の例文を作ってみましょう。まずは個(개)の助数詞を使います。

  1. 한개(「ハンゲ」1個)
  2. 두개(「トゥゲ」2個)
  3. 세개(「セゲ」3個)
  4. 네개(「ネゲ」4個)
  5. 다섯개(「タソトゥケ」5個)
  6. 여섯개(「ヨソトゥケ」6個)
  7. 일곱개(「イルゴプケ」7個)
  8. 여덟개(「ヨドルゲ」8個)
  9. 아홉개(「アホプケ」9個)
  10. 열개(「ヨルゲ」10個)

日本語と同じようにほとんどのものを個(개)で数えても良いので個(개)は大活躍します。ぜひマスターしましょう。

続いて枚(장)、名(명)をまとめてやってみましょう。

  1. 한장(「ハンジャン」1枚)、한명(「ハンミョン」1名)
  2. 두장(「トゥジャン」2枚)、두명(トゥミョン」2名)
  3. 세장(「セジャン」3枚)、세명(「セミョン」3名)
  4. 네장(「ネジャン」4枚)、네명(「ネミョン」4名)
  5. 다섯장(「タソトゥチャン」5枚)、다섯명(「タソンミョン」5名)
  6. 여섯장(「ヨソトゥチャン」6枚)、여섯명(「ヨソンミョン」6名)
  7. 일곱장(「イルゴプチャン」7枚)、일곱명(「イルゴムミョン」7名)
  8. 여덟장(「ヨドルジャン」8枚)、여덟명(「ヨドルミョン」8名)
  9. 아홉장(「アホプチャン」9枚)、아홉명(「アホムミョン」9名)
  10. 열장(「ヨルジャン」10枚)、열명(「ヨルミョン」10名)

切符を買ったり予約を取るときなどは枚(장)、名(명)を使います。
枚(장)の場合は濃音化(「ジャン」の濁音がなくなり、「チャン」になる)、
名(명)の場合は鼻音化の発音規則によって発音が若干変わります。
発音規則は韓国語のパッチムは発音の変化に注意で復習してください。

このページのまとめ

このページでは韓国語の数字の読み方や数の数え方について勉強しました。
漢語系数詞、固有語系数詞、助数詞などの新しいキーワードが登場しました。
このページの内容を押さえておけば韓国旅行などで十分に使えることでしょう。
旅行などでは食事やお土産のショッピングなど数字は必ず使います。
楽しい旅行のお手伝いが出来れば幸いです。