韓国語で名前、年齢、趣味、出身地を伝える

韓国語での自己紹介の仕方を勉強します。自己紹介なのでまずは名前を相手に伝えましょう。
その次には年齢を言えるといいですね。韓国では1歳でも年上だと目上の人として接することになっており、言葉使いなども変わります。なので初対面の人同士はまずは年齢を訪ねあうことが一般的です。いきなり上下関係をはっきりさせます。ビジネスであっても年齢差には気を付けます。
趣味を伝えることも仲良くなるには重要です。韓国の人はよく趣味は?という話題になります。
出身地についても伝えられれば立派なコミュニケーションになります。東京や大阪などの大都市であれば韓国人でも分かります。話題が広がるチャンスです。
このページでは韓国語で名前、年齢、趣味、出身地を伝えられることを目標とします。

韓国語で名前を伝える

まずは名前を名乗る場合の例文です。2つの単語を使って例文を作ります。

  1. 私はを意味する저는(チョヌン)
  2. ~ですを意味する입니다(イムニダ)

まずは私はを意味する저는(チョヌン)から始まります。その後にあなたの名前が続き、~ですを意味する입니다(イムニダ)で名前が伝わります。
「저는(チョヌン)○○입니다(イムニダ)」

発音のコツ

発音のコツとして저는(チョヌン)の저(チョ)にアクセントをつけないように気をつけましょう。
韓国語の標準語では基本的に言葉の初めにアクセントはつけません。
日本語の発音は言葉の初めにアクセントがつきがちです。저(チョ)をやさしめに発音するように意識しましょう。
その次の는(ヌン)はンがパッチムなので「ヌン」で1音節です。입니다(イムニダ)は입(イム)がパッチム有りの一文字・一音節です。ムの音はパッチムなので弱めに発音します。実際の発音は「イム・ニ・ダ」の3音節になります。
パッチムについてわからない方はハングルのパッチムの種類と使い分けをご覧ください。
(本来は저는(チョヌン)も입니다(イムニダ)も複数の単語を組み合わせたものですが、ここでは初心者向けにわかりやすいように「単語」として扱います)

鼻音化が使われています

입(イム)のパッチムはㅂ(プの音)で書いてありますが読み方はㅁ(ムの音)の音になります。
「イプニダ」ではなく「イムニダ」と読みます。これはㅂのパッチムの後にㄴの子音がある場合はㅁの音で発音する鼻音化の法則があるからです。
発音規則・鼻音化がわからない方は韓国語の連音化と鼻音化の解説をご覧ください。

韓国語で年齢を伝える

韓国語で年齢を言う場合は固有語系数詞を使います。
まずは10代、20代、30代の一覧表を作成したのでご覧ください。

10代 20代 30代

10歳
열 살「ヨルサル」

20歳
스무 살「スムサル」

30歳
서른 살「ソルンサル」

11歳
열한 살「ヨルハンサル」

21歳
스물한 살「スムルハンサル」

31歳
서른한 살「ソルンハンサル」

12歳
열두 살「ヨルドゥサル」

22歳
스물두 살「スムルドゥサル」

32歳
서른두 살「ソルンドゥサル」

13歳
열세 살「ヨルセサル」

23歳
스물세 살「スムルセサル」

33歳
서른세 살「ソルンセサル」

14歳
열네 살「ヨルネサル」

24歳
스물네 살「スムルネサル」

34歳
서른네 살「ソルンネサル」

15歳
열다섯 살「ヨルダソッサル」

25歳
스물다섯 살「スムルダソッサル」

35歳
서른다섯 살「ソルンダソッサル」

16歳
열여섯 살「ヨリョソッサル」

26歳
스물여섯 살「スムリョソッサル」

36歳
서른여섯 살「ソルニャソッサル」

17歳
열일곱 살「ヨリルゴプサル」

27歳
스물일곱 살「スムリルゴプサル」

37歳
서른일곱 살「ソルニルゴプサル」

18歳
열여덟 살「ヨルリョドル」

28歳
스물여덟 살「スムリョドルサル」

38歳
서른여덟 살「ソルニョドルサル」

19歳
열아홉 살「ヨラホプサル」

29歳
스물아홉 살「スムラホプサル」

39歳
서른아홉 살「ソルナホプサル」

上の表の中で살(サル)が~歳を表す単語です。これに입니다(イムニダ)を付ければ年齢を伝えられます。例えば19歳なら「열아홉 살입니다(ヨラホプサリムニダ)」と言えば19歳です、となります。
固有語系数詞は1.2.3.20が基本の形と「~歳」など後ろにつける場合とでは形が変わります。このページは自己紹介がメインなので省略しますが間違えないようにしましょう。

韓国語で趣味を伝える

韓国語では趣味はこう書きます。
취미
취미は重母音を使っていて、発音が難しいです。「チュィミ」のような発音です。「チュィ・ミ」の2音節ですが、1文字目は「チュウィ」をすっごい早口で言う感じです。
趣味についていくつか例文を紹介します。

  • 제 취미는 음악 감상입니다.빅뱅이 좋아합니다.
  • 「チェ チュィミヌン ウマクカムサンイムニダ.ビッベンイ チョアハムニダ」私の趣味は音楽鑑賞です。BIGBANGが好きです。

  • 제 취미는 요리입니다.
  • 「チェ チュィミヌン ヨリイムニダ」私の趣味は料理です。

  • 취미는 여행입니다.
  • 「チュィミヌン ヨヘンイムニダ」趣味は旅行です。

始めの제「チョ」は「私の」という意味なので3つ目の例文のように省略してもいいです。また、야구「ヤグ(野球)」のようなスポーツであれば英語も通じるので代用可能です。

 

韓国語で出身地は고향(コヒャン)

韓国語で出身地は고향(コヒャン)と言います。この고향(コヒャン)は漢字で故郷と書いてコヒャンと読みます。漢字語のひとつです。
고향(コヒャン)に、~はを意味する는(ヌン)をつけます。저는(チョヌン)でも使った는(ヌン)です。(저(チョ)が私、는(ヌン)が~はです)
「고향는(コヒャンヌン)○○입니다(イムニダ)」
これで故郷(出身地は)○○です、と伝えることが出来ます。韓国の人でも東京(도쿄)や大阪(오사카)くらいなら大体位置は知っているので会話がふくらみます。
発音のコツとして고향(コヒャン)の향(ヒャン)はパッチム有りなので1音節で読みます。

 

このページのまとめ

韓国語の自己紹介で重要な名前と年齢の伝え方、さらに趣味、出身地が言えればさらに友達を作る機会も増えますね。
自己紹介をする前にまずは挨拶をしましょう。韓国語ではおはようございます、こんにちは、こんばんは、の3つは共通しています。

  1. 안녕하십니까?(アンニョンハシムニカ?)
  2. 안녕하세요?(アンニョンハセヨ?)

上の1番は丁寧な挨拶です。目上の方にはこれを使いましょう。通常は2番の挨拶をすればOKです。
さらなるステップアップをしたい方は次の3つの文章を使ってみてください。

  • 저는(チョヌン)○○라고 합니다(ラゴハムニダ)
  • 라고 합니다(ラゴハムニダ)は「~と言います(~と申します)」の意味になります。

  • 처음 뵙겠습니다(チョウムぺクケスムニダ)
  • これは「はじめまして」を意味する文章です。

  • 앞으로 잘 부탁합니다(アプロチャルプタカムニダ)
  • 「これからよろしくお願いします」の意味です。

こちらもぜひ使ってみてください。
今回は自己紹介の例文を使って합니다(ハムニダ)体という丁寧な話し方を勉強しました。
韓国語で最も丁寧な話し方です。
初対面や年上の人が相手の場合はこの합니다(ハムニダ)体を使わないと失礼になります。
覚えておくと良いでしょう。