韓国語のもしもし「여보세요(ヨボセヨ)」の解説

※アフィリエイト広告を使用しています

韓国語の基本

韓国語では「もしもし」は「여보세요(ヨボセヨ)」と言います。

電話をかける時、また、かかってきた電話に出る時に「여보세요(ヨボセヨ)」と言います。

使い方は日本語のもしもしと同じです。

スポンサーリンク

韓国語の「もしもし」の例文

韓国語での電話で使える例文です。

ハングル表記と読み方意味
여보세요(ヨボセヨ)저는(チョヌン)○○입니다(イムニダ)もしもし、○○です
여보세요(ヨボセヨ)저는(チョヌン)○○라고 합니다(ラゴハムニダ)もしもし、○○と申します
(丁寧な言い方)

かかってきた電話に出て、相手が名乗らない場合は여보세요(ヨボセヨ)누구세요?(ヌグセヨ?)

これで「もしもし、どなたですか?」になります。

「ヨボセヨ」が「オブセヨ」に聞こえるとの意見を聞いたことがあります。

確かに韓流ドラマなどで「オブセヨ」と聞こえることもありますし、勘違いしている人もたまにいます。

ですが正しくは「ヨボセヨ」です。

スポンサーリンク

電話の場合の「さようなら」は안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)

韓国語では「さようなら」が2種類あって使い分ける必要があります。

電話の場合のさようならはどちらを使うのでしょうか。

電話の場合は안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)を使います。

実際に会っている場合はその場に残る人とその場を去る人で言葉が違いますが、電話の場合は안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)です。

電話を切ることでその場からいなくなるからです。

【関連記事:「さようなら」は韓国語で2つある。ハングル表記と使い分け方

スポンサーリンク

韓国語の「もしもし」のまとめ

韓国語では「もしもし」は「여보세요(ヨボセヨ)」と言います。

電話を切るときは안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)と言います。

ぜひ、韓国語での電話にチャレンジしてみてください。

以上、韓国語の「もしもし」でした。

404 NOT FOUND | ハナコンブ
韓国語の初心者向け勉強法のハナコンブです。勉強法を発信するWebメディアです。
タイトルとURLをコピーしました