韓国語のもしもし「여보세요(ヨボセヨ)」の解説|ハナコンブ

スポンサーリンク

韓国語のもしもしは「ヨボセヨ」

韓国語では「もしもし」は「여보세요(ヨボセヨ)」と言います。

 

電話をかける時、また、かかってきた電話に出る時に「여보세요(ヨボセヨ)」と言います。

 

使い方は日本語のもしもしと同じです。

 

<% index %>

 

スポンサーリンク

韓国語の「もしもし」の例文

 

韓国語での電話で使える例文です。

 

  • 여보세요(ヨボセヨ)저는(チョヌン)○○입니다(イムニダ):○○にはあなたの名前を入れてください。これで「もしもし、○○です」になります。
  • 여보세요(ヨボセヨ)저는(チョヌン)○○라고 합니다(ラゴハムニダ):最後を라고 합니다(ラゴハムニダ)にすると「○○と申します」になり、少し丁寧になります。

 

かかってきた電話に出て、相手が名乗らない場合は여보세요(ヨボセヨ)누구세요?(ヌグセヨ?)

 

これで「もしもし、どなたですか?」になります。

 

スポンサーリンク

「オブセヨ」と聞こえる?

 

「ヨボセヨ」が「オブセヨ」に聞こえるとの意見を聞いたことがあります。

 

確かに韓流ドラマなどで「オブセヨ」と聞こえることもありますし、勘違いしている人もたまにいます。

 

ですが正しくは「ヨボセヨ」です。

 

スポンサーリンク

電話の場合の「さようなら」は

 

韓国語では「さようなら」が2種類あって使い分ける必要があります。

 

電話の場合のさようならはどちらを使うのでしょうか。

 

電話の場合は안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)を使います。

 

実際にあっている場合はその場に残る人と、その場を去る人で言葉が違いますが、電話の場合は안녕히 계세요(アンニョンヒゲセヨ)です。

 

スポンサーリンク