韓国語で삼겹살(サムギョプサル)の意味や肉の種類は?

※アフィリエイト広告を使用しています

韓国の文化

韓国でおすすめの焼肉と言えば삼겹살(サムギョプサル)です。

このページでは삼겹살(サムギョプサル)の意味や肉の種類を紹介します。

「삼겹살(サムギョプサル)」という言葉の意味や由来が分かればどんな料理かが分かり今までよりももっと美味しく食べられるはずです。

ぜひ読んで下さい。

スポンサーリンク

삼겹살(サムギョプサル)の意味は豚のバラ肉の焼肉

「삼겹살(サムギョプサル)」の意味を解説します。

  • 삼(サム)数字の3
  • 겹(ギョプ)層
  • 살(サル)肉

文字ごとに意味を分けると上記のようになり、「3層になっている肉」という意味になります。

肉の種類は豚のバラ肉です。

このため、「豚の3枚肉」と言ったりもします。

サムギョプサルの名前の由来は直訳した脂・肉・脂の3つの層になっている豚のバラ肉を指しますが、実際には焼肉の料理名として使われています。

必ずしも3層になった肉とは限りません。

料理としてのサムギョプサルは豚のバラ肉を1cmくらいの厚さに切ったものを鉄板で焼肉にします。

これに対し、「オギョプサル(오겹살)」と言うものもあります。

これは「オ(오)」が数字の5の意味なので「5層になっている肉」という意味です。

豚の皮膚・脂・肉・脂・肉の5層です。

「オギョプサル(오겹살)」とは「皮付きの豚バラ肉の焼肉」と思ってもらってOKです。

コリコリとした食感が楽しめます。

スポンサーリンク

サムギョプサルの食べ方

サムギョプサルは独特の鉄板を使った焼肉です。

豚のバラ肉は焼くと油がたくさん流れ出るので油を流す排水溝のような機能がついています。

油の出口に紙コップなど油の受け皿を置きます。

油は流しだすのでカロリーは控えられます。

このようなサムギョプサル用の鉄板を「하나로(ハナロ)」と言います。

焼けたバラ肉はキムチやコチュジャンなどと一緒に「サンチュ」という野菜に包んで食べます。

サンチュの代用でサニーレタスでも食べられます。

家でサムギョプサルをやる場合、サンチュが売ってなかったらサニーレタスを買いましょう。

お店によって違いますが、サムギョプサルのシメは鉄板に残った油でチャーハンを作ったりします。

豚の旨味を吸い込んだチャーハンは絶品ですよ。

サムギョプサルを家でやりたい場合はカセットコンロのほか、ハナロが必要です。

韓国食材の店に行けば売っていますが、面倒な場合は楽天などでハナロと検索すればでてきます。

スポンサーリンク

삼겹살(サムギョプサル)の意味まとめ

「삼겹살(サムギョプサル)」の意味は豚のバラ肉の焼肉です。

サムギョプサルに使っている鉄板の名前は「ハナロ」といい、日本でも買うことができます。

サンチュという葉にキムチなどと包んで食べます。

シメのチャーハンは美味しくっておすすめです。

ぜひ、お試しあれ!

食べたら「マシッソヨ」と言いましょう。

404 NOT FOUND | ハナコンブ
韓国語の初心者向け勉強法のハナコンブです。勉強法を発信するWebメディアです。
タイトルとURLをコピーしました