韓国語の「アムゴット」の解説

韓国語のアムゴット

このページでは韓国語の「アムゴット」について勉強します。

K-POPの歌詞や韓流ドラマのセリフなどで耳に残ることが多い「アムゴット」の意味と使い方について勉強します。

スポンサーリンク

アムゴットの意味は「何も」

アムゴットの意味は「何も」と言う意味です。

ハングル表記では「아무것도」と書きます。

単語に分解した意味では

  • 아무「アム」→どんな
  • 것「コッ」→こと
  • 도「ト」→も

アムゴットの아무것도を分解すると上記の3つの単語になります。

これらをつなげて「どんなことも」、「何も」と言う意味になります。

スポンサーリンク

アムゴットの実際の使い方

アムゴットは「何も」と言う意味なので否定形の文脈で使われることが多いです。

アムゴットが使われる実際のフレーズには下記のようなものが多いです。

  • 아무것도 없어요「アムゴット オプソヨ」→何もないです
  • 아무것도 아니에요「アムゴット アニエヨ」→何もありません

上記のように「何もありません」のように使うことがほとんどです。

(上記の2つはほとんど意味が同じです)

例文としては

더이상 아무것도 할 수가 없어「トイサン アムゴット ハルスガオプソ」

(もうこれ以上、何もすることができない)

のように、否定形の文章で使われることが多いです。

これ以外の否定形のつくり方は関連記事をどうぞ

【関連記事:韓国語の否定形と断り方。旅行に行くなら覚えましょう

スポンサーリンク

韓国語のアムゴットの意味まとめ

このページでは韓国語の「アムゴット」について勉強しました。

더이상 아무것도 할 수가 없어「トイサン アムゴット ハルスガオプソ」

(もうこれ以上、何もすることができない)

のように否定形の文脈で使われることが多い言葉です。

耳に残りやすい言葉ですが、それだけ聞き取りやすい言葉でもあります。

気になっていた人も多いのではないでしょうか。

このページは以上です。

韓国語の「はい」、「いいえ」発音の注意|ハナコンブ

スポンサーリンク