韓国語の子音の覚え方。カナダラ順を覚えよう

このページでは韓国語の子音の覚え方を解説します。

子音の順番を覚えて語呂合わせで覚えるのが覚えやすい方法です。

日本語で言うところの「あかさたな・・・」が、韓国語だと「カナダラ・・・」になります。

まずはこのカナダラ順を覚えましょう。

※このページは韓国語の子音の種類、読み方、発音が理解できるページの補足として覚え方に焦点を当てた内容です。

まったく分からない方は先に韓国語の子音の種類、読み方、発音が理解できるページを読んで、字の書き方や読み方を理解して下さい。

スポンサーリンク

韓国語の子音の覚え方は「カナダラ」の順番を覚えること

日本語では「あかさたなはまやらわ」と文字の順番を覚えましたね。

韓国語でもこれに相当するものがあります。

それが「カナダラ」です。

韓国語の辞書もこのカナダラ順に並んでいます。

なので韓国語の子音を勉強する場合はこのカナダラ順に覚えることをおすすめします。

カナダラ順はこのようになっています。

  1. ㄱ←か
  2. ㄴ←な
  3. ㄷ←だ
  4. ㄹ←ら
  5. ㅁ←ま
  6. ㅂ←ぱ
  7. ㅅ←さ
  8. ㅇ←ん
  9. ㅈ←ちゃ
  10. ㅊ←ちゃ
  11. ㅋ←か
  12. ㅌ←た
  13. ㅍ←ぱ
  14. ㅎ←は

以上、韓国語の子音は14文字です。

スポンサーリンク

カナダラの順番の覚え方

韓国語の子音は発声器官をかたどっており、順番も分類ごとになっています。

発声器官の分類表をみてください。

発声器官対応するハングル
口蓋(こうがい)ㄱㅋ
ㄴㄷㅌㄹ
ㅁㅂㅍ
ㅅㅈㅊ
のどㅇㅎ

発声器官とは発音の際に使っているもので例えば唇を使ったㅁㅂㅍは発音する前に口を閉じ、少しためを作ってから発声します。

この発声器官の分類をカナダラ順と組み合わせると、

  1. ㄱ←か(口蓋)
  2. ㄴ←な(舌)
  3. ㄷ←だ(舌)
  4. ㄹ←ら(舌)
  5. ㅁ←ま(唇)
  6. ㅂ←ぱ(唇)
  7. ㅅ←さ(歯)
  8. ㅇ←ん(のど)
  9. ㅈ←ちゃ(歯)
  10. ㅊ←ちゃ(歯)
  11. ㅋ←か(口蓋)
  12. ㅌ←た(舌)
  13. ㅍ←ぱ(唇)
  14. ㅎ←は(のど)

1~9までに着目すると同じ発声器官が連続して出てきます。

7と9が例外になるので注意しましょう。

10以降はひとつの発声器官ごとに一つの発音しかありません。

これは10以降は激音となり、発音自体が変わるためです。

スポンサーリンク

子音の分類。平音と激音

上記の順番で1~9までと14が平音です。

10~13までが激音となります。

まずは基本となる平音の順番を覚えましょう。

カ、ナ、ダ、ラ、マ、パ、サ、ン、チャ

この語呂合わせを何度も読んで丸暗記しましょう。

暗記は平音だけでもOKです。

私も始めは平音の順番だけしか覚えませんでしたがそれで十分です。

平音の順番だけ分かれば辞書も引きやすいし、今後の勉強に役立ちます。

ぜひ、この

カ、ナ、ダ、ラ、マ、パ、サ、ン、チャ

の語呂合わせで順番を覚え下さい。

スポンサーリンク

濃音は「その他の文字」なので省略される

濃音はどうした?と思っている方もいると思います。

濃音は平音の文字を横に二つ並べたものなので「その他の文字」として分類します。

辞書にも濃音の見出しはなく、平音のくだりの最後のほうに載っています。

濃音は使用頻度も少ないのでこのようになっています。

なのでまずは平音のカナダラ順、その後に激音を勉強しましょう。

スポンサーリンク

まとめ:韓国語の子音の覚え方

以上、韓国語の子音の覚え方を解説しました。

カナダラの順番を覚えれば語呂合わせで子音を思い出せるし、辞書も引きやすくなります。

まずは平音から頑張ってみてください。

※このページは韓国語の子音の種類、読み方、発音が理解できるページの補足として覚え方に焦点を当てた内容です。

まったく分からない方は先に韓国語の子音の種類、読み方、発音が理解できるページを読んで、字の書き方や読み方を理解して下さい。

スポンサーリンク