韓国語の命令形。口調の強さによる違い|ハナコンブ

スポンサーリンク

韓国語の命令形

このページでは韓国語の命令形について勉強します。

 

口調の強さや命令のキツさに応じて言葉が変わります。

 

私たち日本人はきつい口調は使う機会が少ないかもしれませんが、言われたらわかるように覚えておきましょう。

 

<% index %>

 

スポンサーリンク

最もキツイ命令口調「~라(ラ)」

 

韓国語で最もキツイ命令口調は「~라(ラ)」です。

 

例文

 

  • 마시라「マシラ」(飲め)
  • 달리라「タリラ」(走れ)
  • 먹어라「モゴラ」(食べろ)
  • 입어라「イボラ」(着ろ)
  • 공부 해라「コンブヘラ」(勉強しろ)

 

韓国ドラマなどでも「~라(ラ)!」のようにラで終わるセリフは語気が強い感じがします。

 

これは命令形だからなんですね。

 

このように最もキツイ命令形は「~라(ラ)」です。

 

うっかり言わないように気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

해(ヘ)体も命令形として使う

 

해(ヘ)体も命令形として使います。

 

해(ヘ)体とは해요(ヘヨ)体から요(ヨ)を取り除いた形でタメグチの口調です。

 

この해(ヘ)体は命令の形としても使います。

 

例文

 

  • 마시「マシ」(飲め)
  • 달리「タリ」(走れ)
  • 먹어「モゴ」(食べろ)
  • 입어「イボ」(着ろ)
  • 공부 해「コンブヘ」(勉強しろ)

 

このように命令形から最後のラを取り除いた形になります。

 

「~라(ラ)」は上下関係がある場合などに使いますが、해(ヘ)体は「~しなさい」くらいの優しめな言い方です。

 

友達同士、カップル同士などでも使います。

 

「命令」と言うよりは「指示」くらいのニュアンスになります。

 

以上、韓国語の命令形についての解説でした。

スポンサーリンク