韓国語でオソ어서は「さあ・早く」|ハナコンブ

スポンサーリンク

韓国語の「オソ」について

このページでは韓国語の「オソ」(어서)について勉強します。

 

このオソは「さあ」とか「早く」と相手を急かす表現でよく使います。

 

韓国ドラマのセリフでもよく聞くセリフです。

 

しっかり身につけましょう。

 

<% index %>

 

スポンサーリンク

「オソ」(어서)は早く

 

韓国ドラマのセリフで「オソ(어서)」と単体で使われる場合はほぼ全て「早く!」とか「急げ!」と訳されています。

 

スポンサーリンク

誘い掛ける表現と合わせると「さあ」

 

「어서」だけの単体で使われている場合は「早く」と訳されますが、例えば「가자(カジャ)」のような誘い掛ける表現と合わせると「さあ」と訳されます。

 

(動詞に자(ジャ)とつけると誘い掛ける表現になります)

 

例文

 

  • 어서 가자「オソ カジャ」:さあ、行こう
  • 어서 먹자「オソ モクタ」:さあ、食べよう
  • 어서 놀자「オソ ノルジャ」:さあ、遊ぼう

 

この場合の「さあ」も今すぐ始めようよ、みたいな急かすニュアンスが含まれます。

 

元の어서(オソ)が「早く」なので。

 

ちなみに「いらっしゃいませ」の어서 오세요(オソオセヨ)にも同じく어서が使われています。

 

なので어서 오세요(オソオセヨ)は「いらっしゃいませ」ではなく、「早く店に入れよ」みたいな意味だとする説もあります。

 

 

このページでは韓国語の어서(オソ)について勉強しました。

 

韓国ドラマでは「早く」と緊迫した場面でもよく聞くセリフです。

 

覚えておくと楽しいでしょう。

スポンサーリンク