韓国語の「ウリ(우리)」の意味

韓国語の「ウリ(우리)」 の意味

このページでは韓国語の「ウリ(우리)」の意味について勉強します。

K-POPアイドルがよく「ウリオッパ」や「ウリマンネ」ということがありますが、意味わかりますか?

よく使われる言葉なので話のニュアンスの理解に役立ちます。

スポンサーリンク

韓国語の「ウリ(우리)」の意味は「私たち」

韓国語の「ウリ(우리)」の意味は「私たち」になります。

ウリ(우리)に名詞を付けると「私たちの○○」となります。

なので例えば

  • 「ウリオッパ」と言ったら「私たちのオッパ(お兄さん)」
  • 「ウリマンネ」と言ったら「私たちのマンネ(末っ子)」

という意味になります。

우리(ウリ)に「~は」の意味の는(ヌン)を付けて「ウリヌン(우리는)」にすれば「私たちは」という意味になります。

このような使い方の場合は日本語の「私たちは」と同じような意味でOKです。

スポンサーリンク

日本語の「私たち」とのニュアンスの違い

韓国語の우리(ウリ)には独特の使い方とニュアンスがあります。

韓国人は仲間意識がとても強いと言われています。

仲間同士の場合、複数人でなくても우리(ウリ)を使います。

例えば、家族や同じメンバーの名前の前に우리(ウリ)を付けます。

우리(ウリ)+○○で、直訳すると「私たちの○○」ですが、意味としては「私たち家族の○○」とか「うちのメンバーの○○」みたいなニュアンスです。

なので、人名の前に우리(ウリ)を付けることはその人は私たちの身内だ、という意味が含まれています。

【関連記事:韓国語のオッパの意味。使い方は相手との関係に注意

スポンサーリンク

ウリは訳さないほうが自然な文になることもある

誘い掛けの文章の場合は、우리(ウリ)は訳さないほうが自然な文になることもよくあります。

例えば「우리(ウリ)식사해요(シクサヘヨ)」と言った場合、直訳では「私たち、食事しましょう」ですが、「食事しましょう」と訳したほうが日本語としては自然です。

このように誘い掛けの文章で우리(ウリ)を使うこともよくあります。

また、先ほどにも書いた、家族などの名前の前に우리(ウリ)を付けた場合、「私たちの○○」ではなく、単にその人の名前として訳したほうがいいことも多いです。

仲間意識があるから우리(ウリ)を付けているんだな、くらいに思いましょう。

このように우리(ウリ)は必ずしも訳す必要がない言葉だと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ:韓国語のウリの意味は「私たち」

このページではよく耳にする韓国語の一つ、ウリについて解説しました。

  • 意味は「私たち」
  • 名詞の前に付けることで「私たちの○○」と使う
  • 例:ウリオッパ→私たちのオッパ(お兄さん)

以上、韓国語の우리(ウリ)の意味について勉強しました。

韓国語のマンネ(막내)グループにいるけど意味は?

スポンサーリンク