韓国語でお父さん、お母さんの呼び方

韓国語のお父さん、お母さん

このページでは韓国語のお父さん、お母さんの呼び方を勉強します。

文化的な違いから、日本語とは若干の違いがあります。

ドラマなどでもアボジ・アッパやオモニ・オンマなどいろいろな呼び方があって混乱しますね。

韓国では親に対してどういう呼び方をするかで人間性まで問われてしまうこともあります。

しっかり勉強しましょう。

スポンサーリンク

韓国語のお父さん・父親・パパは「아버지(アボジ)」

韓国語で「お父さん」の言い方は次の二つです。

  • 아버지(アボジ):「お父さん」や「父親」として訳す丁寧な言い方
  • 아빠(アッパ):「パパ」として訳すべき甘えた言い方

基本的には아버지(アボジ)を「お父さん・父親」として覚えておけばいいでしょう。

漢字の「父」をハングル読みすると「버(ボ)」となります。

韓国では儒教の教えにより親は絶対的な尊敬の対象となります。

なので自分の父親でも「お父様」と様をつけて呼ぶ場合も多いです。

日本語の場合はあまり身内に「様」はつけませんが、韓国では日常的に「様」をつけます。

それほどまでに親を尊敬すべし、ということです。

「~様」を意味するのは「~님(ニム)」です。

아버지(アボジ)の지(ジ)を省略し、아버(アボ)に「~님(ニム)」をつけます。

아버님(アボニム)で「お父様」という尊敬語になります。

スポンサーリンク

韓国語のお母さん・母親・ママは「어머니(オモニ)」

韓国語で「お母さん」の言い方は次の二つです。

  • 어머니(オモニ):「お母さん」や「母親」として訳す丁寧な言い方
  • 엄마(オンマ):「ママ」として訳す甘えた言い方

基本的に어머니(オモニ)を「お母さん」として覚えておきましょう。

漢字の「母」をハングル読みすると「머(モ)」となります。

「お父様」と同じく母親の場合も「お母様」という尊敬系があります。

어머니(オモニ)の最後の文字が니(ニ)なのでこれにパッチムのㅁ(ム)をつけます。

어머님(オモニム)で「お母様」の尊敬語です。

スポンサーリンク

韓国語の「お父さん」は「痛い아파(アパ)」と発音が似ている

お父さんの甘えた呼び方아빠(アッパ)の発音について。

「痛い」という単語の아파(アパ)と発音がそっくりです。

  • 아빠(アッパ)のパは濃音なのでのどを詰めた発音
  • 「痛い」아파(アパ)のパは激音なので息を強く出す発音

濃音の発音は私たち日本人には難しいです。

お父さんを呼んだつもりが痛いと言っていた、なんてことがないように発音に気を付けましょう。

スポンサーリンク

韓国語のおじいちゃんは할아버지(ハラボジ)

韓国語のおじいちゃんは「할아버지(ハラボジ)」です。

아버지(アボジ)に할(ハル)を付けた言葉です。

本当のおじいちゃんじゃなくても高齢の男性であればみんな할아버지(ハラボジ)と呼びます。

スポンサーリンク

韓国語のおばあちゃんは할머니(ハルモニ)

韓国語のおばあちゃんは「할머니(ハルモニ)」です。

어머니(オモニ)から어(オ)をとって할(ハル)を付けます。

할머니(ハルモニ)もおじいちゃんの場合と同様に、本当のおばあちゃんじゃなくても高齢の女性はみんな할머니(ハルモニ)と呼びます。

スポンサーリンク

아빠(アッパ)、엄마(オンマ)は大人は使わない

아빠(アッパ)、엄마(オンマ)をパパ、ママと訳しましたが、この言い方は韓国では子供の言い方なので大人は人前ではほぼ使いません。

親を大切にしない、親を尊敬していない人は韓国ではかなり非常識にみられます。

日本のように親と馴れ馴れしくするのは韓国では好ましくありません。

家の中のようにプライベートな場所であれば使うこともあるので韓国ドラマなどのセリフでは使っていることもあります。

スポンサーリンク

韓国語のお父さん、お母さんの呼び方のまとめ

このページでは韓国語のお父さん、お母さんの呼び方を解説しました。

  • 韓国語のお父さん・父親・パパは「아버지(アボジ)」
  • 韓国語のお母さん・母親・ママは「어머니(オモニ)」
  • 韓国語の「お父さん」は「痛い아파(アパ)」と発音が似ている
  • 韓国語のおじいちゃんは할아버지(ハラボジ)
  • 韓国語のおばあちゃんは할머니(ハルモニ)
  • 아빠(アッパ)、엄마(オンマ)は大人は使わない

韓国では親を絶対的に尊敬し、敬って接します。

まずはきちんとした呼び方から覚えていきましょう。

韓国語の「エギ」意味は赤ちゃん。恋人同士の使い方もある

スポンサーリンク