韓国語の勉強ではじめにやってはいけないのはどれ?
  1. ハングル文字を覚える
  2. 単語の意味を知るために辞書を買ってみる
  3. カタカナで読み仮名をふる

韓国語の文法が勉強できるページまとめ

勉強したい項目のリンクを押してください。

韓国語の活用の仕方が分かるページです。韓国語文法の基本となる「用言の活用」について勉強します。

 

このページを読めば単語が辞書に載っている形である原型から実際に使用する形に活用する方法が分かり、へヨ体やハムニダ体の文章が作れるようになります。

 

 

韓国語の助詞の勉強ができるページです。

 

「~は」、「~が」、「~に」などの「てにおは言葉」の役割をするのが助詞です。

 

このページを読めば単語同士をつなぎ合わせて様々な文章を作ることができるようになります。

 

韓国語の過去形のつくり方を解説しているページです。韓国語の過去形のつくり方は用言語幹に(았、었又は했)です。例文もあわせて紹介します。

 

このページを読めば韓国語の過去形のつくり方が分かり、過去の出来事の話が韓国語でできます。過去形の否定形もあわせて解説します。

 

 

韓国語の未来形のつくり方を解説しているページです。

 

韓国語の未来形は「未来意思形」とも呼ばれ、未来に向けての意思や予定などを表現する形です。

 

このページを読めば相手に自分の意思や予定を伝える、疑問形にすれば相手の意思を確認する文章を作ることができます。

 

韓国語の単語には「漢字語」というものがあります。この漢字語は中国から伝わってきた漢字に由来する単語で現在では韓国語で使われている単語の約7割を占めると言われています。

 

この漢字語の読み方について、覚えやすい法則をこのページでお伝えします。

 

漢字語を使えるようになれば韓国語の語彙が一気に増えることになります。

 

韓国語の否定形のつくり方が分かるページです。

 

このページを読めば相手からの勧誘を断る文章が作れるので旅行などで便利です。

 

韓国人は欧米と同じくイエス、ノーをはっきりさせないと嫌われます。

 

このページで「ノー」が言えるようになりましょう。

 

韓国語の教材選びに迷っている方へ

韓国語の教材おすすめ3選を特典付きで紹介しています。
教材があれば高くて遠い語学教室に通う必要はありません。
特典は当サイトオリジナルの限定品です。ここでしか手に入らないものです。
韓国ドラマが字幕なしで見たい、などの目標を達成したい方は下のボタンをクリック。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたら、
SNSで拡散していただけると嬉しいです。
使っているSNSのマークをクリックしてください。