韓国語のヨロブンの意味と使い方

コンサートの挨拶

挨拶をする時、「여로분 안녕하세요 ヨロブン アンニョンハセヨ」というフレーズを耳にしたことがありますか?

今回は皆さんがよくに耳にする「여로분 ヨロブン」についてご説明します。

正しい意味や使い方をしっかり理解できるようチェックしましょう。

スポンサーリンク

韓国語のヨロブンの意味は「皆さん」

韓国語のヨロブンとは、皆さん・皆さまという意味です。

ハングルではこう書きます。→여로분

丁寧な言い方でたくさんの人たちに呼びかける時に使います。

また、「여로분〜!ヨロブン〜!」と言った感じで友達同士や子どもたちを呼んだり、声をかけたりする時も、「みんな〜!」といった表現をするこもできます。

また、より詳しく説明すると「여로분 ヨロブン」の「분 ブン」は、日本語でいうと、「こちらの方」など丁寧に呼びかける時に使う「분ブン」になります。

また、「여로 ヨロ」には「色んな、様々な」という意味がおるので

  • 여로 ヨロ 色んな
  • 분 ブン 方

=여로분 ヨロブン 皆さま、皆さん

という意味になります。

スポンサーリンク

「여로분 ヨロブン」のよく使うフレーズ

挨拶をする時にもよく使われます。

ハングル表記発音日本語の意味
여로분 안녕하세요!잘 지냈어요?ヨロブン アンニョンハセヨ!チャル チネッソヨ?みなさんこんにちは!元気でしたか?
고객 여로분께서는 불편을 끼쳐 드려서 죄송합니다.コゲク ヨロブンゲソヌン ブルピョンヌル キチョ ドゥリョソ チェンソンハムニダお客さま(皆さま)に、ご不便をおかけいたしまして申し訳ございません。
여로분,준비됐어요?ヨロブン ジュンビデェッソヨ?みなさん、準備はいいですか?
여로분,시간이 5분 남았습니다.ヨロブン シガニオブン ナマッスムニダみなさん、残り時間5分です。

このように大勢の人にあいさつするフレーズや、周りの人たちにお知らせをするフレーズなどにヨロブンは使われます。

テレビ番組の最初や、コンサートなどで司会者やアナウンサーの方が視聴者やファンに呼びかける時にもよく使われます。

または、学校や飛行機やホテルなどの放送でよく耳にするフレーズかと思います。

スポンサーリンク

韓国語の「여로분ヨロブン」以外の「皆さん」

韓国語にはヨロブン以外にも「皆さん」という意味の言葉があります。

  • ヨロブンドゥル
  • タメグチ表現の「みんな」

ヨロブンドゥルも「皆さん」の意味

ヨロブンドゥル→여러분들も「皆さん」という丁寧な表現になります。

들(ドゥル)は複数形の表現なので、もともと「皆さん」という意味のヨロブンにつけると「皆さん達」みたいな直訳になりますが実際の使い方ではヨロブンドゥルも「皆さん」と訳されます。

「여로분 ヨロブン」にももう少し砕けたニュアンスの使い方ができる単語もあります。

タメグチの「みんな」の韓国語

タメグチの「みんな」を紹介します。

ハングル表記読み方
얘들아〜!エドゥラ〜!
모두モドゥ

全てヨロブンと同じ「みんな」という意味を持ちますが、友達や子どもに使うことばです。

目の上の人や先輩には必ず「여로분 ヨロブン」を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

韓国語の「ヨロブン」のまとめ

韓国語の「ヨロブン」の意味や使い方についてご説明いたしました。

  • ヨロブンの意味は「皆さん」
  • ヨロブンはハングルで여로분と書く
  • ヨロブンは丁寧な言葉で目上にも使える
  • ヨロブン以外の「みんな」の韓国語

今後、여로분 ヨロブンと聞こえたら「皆さん」と言っているんだな、と理解してください。

韓国語の「ウリ(우리)」の意味

スポンサーリンク