韓国語の勉強ではじめにやってはいけないのはどれ?
  1. ハングル文字を覚える
  2. 単語の意味を知るために辞書を買ってみる
  3. カタカナで読み仮名をふる

メガヒット韓国時代劇の善徳女王

このページでは韓国時代劇の善徳女王の見どころを解説します。

 

善徳女王は朝鮮半島で初めて女性で王になった人物を描いたドラマです。
善徳女王が即位したのが632年なのでドラマは7世紀を舞台にしています。

 

三国時代に実在した新羅(シルラ)という国での出来事です。

 

この善徳女王が始まるまではシルラを描いた歴史ドラマはほとんどなく、初めての試みが多くあった作品です。
韓国での平均視聴率は40%ほどでメガヒットドラマとなりました。

 

ちなみに、善徳女王は花郎(ファラン)に出てくる真興王のひ孫です。

まるで神話のような記録

ドラマ内ではちょっと神話っぽい逸話が数多く語られています。

 

まず第一話から終盤まで主人公を苦しめる
悪女のミシルは、まるで魔女のような力を持っています。

 

「ミシルを倒せるものが生まれる時、
北斗七星が8つの星になる」という
先代王の遺言があるなど。

 

また、新しい王様が即位する際には
建国の王であるパク・ヒョッコセの卵を
祭壇に掲げる、
するとその卵が光りだす、など。

 

若干ファンタジー的な場面もあります。

当時の女性の貞操観念は?

また、悪女ミシルの子供が3人登場しますが、
3人とも父親が違います。

 

一夫多妻制ならぬ、一妻多夫?
正式な夫と情夫とそれぞれの間に授かった子供と一緒に
作戦会議をするなど、
異様な場面も。

 

さらにもう一人、別の男性との間にもうけた子供が・・・
(ネタバレになるのでここまでです)

 

当時は貞操観念が甘かったのでしょうか。

善徳女王のあらすじ

主人公の善徳女王は
双子として生まれました。

 

当時のシルラでは
王家に双子が生まれると王家が途絶える
という迷信があったため、
双子のうち、
妹の誕生は隠されました。

 

妹は「トンマン」と名付けられ、
身を隠して逃亡生活をつづけ、
タクラマカン砂漠で生活をするシーンもあります。

 

このトンマンが帰国し、
やがては即位して女王となる。

 

その過程で複数の男性を魅了し、
ラブストーリー的な要素もアリ。

 

三国の中では最も弱小だったシルラを強国にし、
やがては三国を統一するなど
善徳女王の政治手腕も見どころです。

悪女ミシルも人気キャラ。語録もアリ

悪女のミシルは、
「ミシルを倒せるものが生まれる時、
北斗七星が8つの星になる」という
先代王の遺言を知り、
誰が北斗七星の者だ、と必死に探します。

 

このミシルとの戦いもハラハラします。

 

ミシルを演じたのがコ・ヒョンジョン。

 

コ・ヒョンジョンはミスコリア出身で
美貌と演技力で見事悪女を演じ切りました。

 

「眉毛のミシル」とあだ名がつくほど目力のある演技、
「愛とは惜しみなく奪うもの」などといった
「ミシル語録」ができるほどの名言の数々、
高視聴率はコ・ヒョンジョンのおかげだ、
と言われています。

出世作となったキム・ナムギル

また、この作品が出世作となったのが
ピダムを演じたキム・ナムギル。

 

ピダムはミシルの実子ですが、
誕生直後に捨てられる設定です。

 

このミシル親子の活躍も人気の要素の一つです。

 

ピダムは実の母であるミシルの宿敵、
善徳女王(トンマン)を愛します。

 

ピダムとトンマンは結婚したのか、してないのか
論争が話題となりました。

 

※これ以上書くとネタバレになりそうですね。

 

シルラが三国統一を果たす過程で
百済(ペクチェ)を滅ぼします。

 

そのペクチェには「ケベク」という
名将がいて、シルラの将軍のキム・ユシンとの戦いは
歴史に残る名勝負だったそうな。

 

筆者としてはイチオシの時代劇、善徳女王の紹介でした。

 

善徳女王は‎2020‎年‎3月‎21‎日 23:59まで配信
見たい方は↑をクリック

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたら、
SNSで拡散していただけると嬉しいです。
使っているSNSのマークをクリックしてください。

関連ページ

韓国時代劇の年表と歴史順のおすすめ
韓国時代劇が10倍面白くなる年表の解説です。
韓国時代劇の概要
韓国時代劇が10倍面白くなる解説です。全体的な概要を説明します。
三国時代の時代背景
韓国時代劇が10倍面白くなる三国時代の時代背景解説です。
チュモン(朱蒙)の見どころ
韓国時代劇のチュモン(朱蒙)の見どころを解説します。ネタバレはナシなので安心して読み進めてください。
鉄の王キム・スロ
韓国時代劇の鉄の王キム・スロの見どころや時代背景の解説をします。
花郎(ファラン)の見どころ
韓国時代劇の花郎(ファラン)の見どころや時代背景の解説をしています。
階伯(ケベク)の見どころ
韓国時代劇の階伯(ケベク)の見どころや時代背景の解説をしています。