韓国語の勉強ではじめにやってはいけないのはどれ?
  1. ハングル文字を覚える
  2. 単語の意味を知るために辞書を買ってみる
  3. カタカナで読み仮名をふる

韓国語の基本、ハングルが勉強できるページまとめ

勉強したい項目のリンクを押してください。

当サイトが初めての方はここからどうぞ。当サイトの紹介や韓国語の基礎的な知識を解説しているページです。

 

このページで韓国語の概要や日本語との共通点、韓国語を効率よく勉強するために守るべき順番などを知ることができます。

 

韓国語の勉強をするためにはまずは文字から始めましょう。

 

ハングル文字の基本となる母音の勉強ができるページです。

 

このページでハングルの母音の書き方、読み方、用母音と陰母音の違いなどを知ることができます。?

 

ハングル文字の子音の勉強ができるページです。

 

ハングルの子音は
・使っている発声器官による分類
・吐く息の強さによって平音、激音、濃音の3音に分かれる
などの特徴があり、このページで勉強できます。

 

 

韓国語のパッチムが勉強できるページです。

 

パッチムとは「終声子音」と訳されるもので日本語にはない発音です。

 

このページでパッチムの書き方や読み方などを勉強できます。

 

 

韓国語の発音規則が勉強できるページです。

 

韓国語の発音規則とは
「次の文字に特定の子音があるとパッチムの発音が変わる」
というものです。
この発音規則について初心者向けのものを抜粋して解説しています。

 

※このページはパッチムの勉強が終わってから読んで下さい。

 

ハングルが覚えやすくなる語呂合わせの覚え方のページです。

 

「カナダラ」とは韓国語の子音の並び順のことで辞書もこの順番で並んでいます。

 

日本語で言うと「あかさたな」に相当するものです。

 

ハングルの子音が覚えずらいな、と感じている方はこのページで覚え方を身につけましょう。

 

ハングル文字とひらがなの対応表です。

 

このページを読んで書き写すだけであなたの名前や住所をハングルで書くことができます。

 

特に旅行などで重宝するでしょう。

 

当サイトでアクセス数No.1の記事です。

 

 

SNSのマークをクリックしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらSNSで拡散していただけると嬉しいです。
使っているSNSのマークをクリックしてください。