オクニョのチョングム役イ・イプセは改名していた

※アフィリエイト広告を使用しています

オクニョのチョングム役イ・イプセは改名していた 韓国ドラマの話題

この記事では、「オクニョ 運命の女」でオ・チョングムを演じているイ・イプセのプロフィールや代表作、「オクニョ 運命の女」での役どころをお伝えします。

「イ・イプセ」という名前から改名していたって知っていましたか?

スポンサーリンク

オ・チョングム役イ・イプセのプロフィール

イ・イプセは子役出身の、1979年生まれの女優です。

2011年に改名しており、現在は「イ・ドウン」という名前で活動しています。

しかし、「イ・イプセ」の名前の方が知られており、改名後も「イ・イプセ」と表記されることがあるようです。

インスタアカウントは非公開でした。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing arou...

アカウント名が「イイプセ イドウン」とハングルで書かれています。

イ・イプセは9歳のときに、ドラマ「仁顯王后」にて、本格的に子役デビューします。

5歳ぐらいから芸能活動を行っていたようですが、本格的に俳優業を開始したのはこの頃のようです。

「仁顯王后」への出演では、MBC演技大賞新人演技賞を受賞。

子役時代から演技力に定評があったことが分かります。

翌年には、「朝鮮王朝500年-閑中録」や「スター誕生」などのドラマに出演し、子役ながらも継続的に俳優業を続けてきました。

知名度をあげるきっかけとなったのは、1999年の「ホジュン-宮廷医官への道-」への出演です。

イ・イプセが演じた医女オンジは、プライドが高く、ファン・スジョン演じるヒロイン・イェジンをいじめる役。

悪役でありながらも、その存在感を発揮し、多くの視聴者の印象に残ることとなりました。

その後、「宮廷女官チャングムの誓い」「イ・サン」「オクニョ 運命の女」など、韓国時代劇界のレジェンドと呼ばれる、イ・ビョンフン監督作品に次々と出演。

イ・ビョンフン作品にはなくてはならない存在となりました。

プライベートでは、2020年に結婚を発表しています。

2年間交際した同い年の実業家と結婚し、幸せそうなウエディングドレス姿を披露しました。

スポンサーリンク

イ・イプセのオクニョ 運命の女での役どころ

イ・イプセが演じたのは、ユン・ウォニョン(チョン・ジュノ)の下女長オ・チョングムです。

元々はユン家の使用人でしたが、ユン・ウォニョンの子を身ごもることとなります。

ユン・ウォニョンの正妻であるチョン・ナンジョン(パク・チュミ)とのバトルや、チョングムの挙動がコミカルに描かれ、オクニョとの直接的な関りは少なかったものの、登場シーンの多い役どころです。

最終回では、出産したと思われる子どもをおぶり、落ちぶれた様子のオ・チョングムが描かれました。

人気の高い役どころでしたので、最終回を見た視聴者からは「チョングムはどうなってしまったのか?」という声がSNS上で話題となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました